ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

夏メバリングのススメ!実はプラグで数が狙えるんです 

大塚 涼奨(オオツカリョウスケ) プロフィール

釣りやアウトドアでのフィールドワークが大好き! 色々なターゲットの釣りの経験があるが、特にロックフィッシュや小物釣りが好き! 宮城県在住

こんにちは。宮城県のメガバススタッフ大塚です。

一般的にはメバリングって、梅雨が終わるとシーズンが終わったと言われていますが、実は夏もけっこう狙えるんです!

というわけで、今回は夏メバリングについて、攻め方やオススメルアーなどについてご紹介したいと思います!

春だけでなく、夏でもメバルは良く釣れます!

僕の住む宮城県周辺エリアでは、一般的には良型メバルや安定した釣果を出すならベストシーズンは5~7月と言われており、その後の8月から秋冬の水温が下がる時期までは、シーズンオフ…とされています。

実際に「メバルは寒い時期がイイ」的なイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか??
でも、実際はそんなこともなく、夏など気温の高い時期も良く釣れてくれるターゲットなのです。

 

夏はベイトが接岸してきやすくプラッキングで数釣りが楽しめる時季です!

そこで、暖かい時季にはどの様な釣りがオススメかと言いますと、私的にオススメしたいのは『とことん数釣り!』思考な釣りです!

正直、高水温時期は、確かにサイズは狙いづらい季節ではあるのですが、様々なベイトフィッシュが接岸する季節でもあり、プラッギングでメバリングが楽しめる季節でもあるのです。

そして、夏だからといって他シーズンと特別ポイントを大きく変えることもなく自分の中での過去の実績ポイントなどでOK。
挑戦したことのない方は定番である常夜灯周りや漁港の入口付近などなど、ベイトが集まる、ベイトが通る場所で狙ってみるのがオススメです。

ベイトの集まる場所というのは、どの季節もメバルは多いんです。
ただ夏ということで、強いて言うならば浅すぎないことや水深のある場所が近いポイントが特に良いことが多いように感じます。

時間帯については、基本的は夜釣りがメインになります。ただ少し明るい夕方の時間帯からポイントに入ると、夕まづめの爆釣タイムなんかを味わえることもけっこうあります。

明確な理由は分かりませんが、夕方に一気に活性が上がる割合が、ほかのシーズンよりなぜか多く、釣果的にも爆発的なのです…なんでしょう?
昼間は暑すぎて餌を全く追えず、待ちに待った夜の到来!お腹すいたー!と、いう感じなのでしょうか??(笑)

続いて自分が夏メバリングで多用するルアー3つを紹介します!

 

 

夏のメバリングでのオススメルアーを紹介します

さて、それで使用するルアーは、メインのミノーであるビーグル。遠投&弱波動であるシンペンのテリア。リアクション&深場を攻めれるハスキーのしっかり仕事分けした3つをローテーションしていきます!

ナダ公式「ビーグル・テリア・ハスキー」詳細ページはこちら

ルアーサイズも40mm前後と数釣りメインでボリュームを抑えた3つのセレクトです。
それではルアーの使い分けについてです。

 

 

3種のルアーの主なつかいわけについて

ビーグルテリアハスキーの使い分けについてです。

夕方の魚が浮いてきてないタイミングではハスキーで!

使い方としては、例えばポイントに入り、まだ明るい夕方で魚が浮いてきていない時間帯はハスキーをじっくり沈めて2、3回シャクリあげてフォールする。というリアクションの釣り。

そしてハスキーは巻いてもスラロームアクションをしてくれるので、暗くなってきて「そろそろ浮いて来たかな?」というタイミングで沈めずそのまま巻いてもOK。

 

日が暮れてメバルが浮いてきたタイミングでビーグルを

そこでバイトも貰えれば、より巻きに特化したミノーであるビーグルにバトンタッチです。

 

遠投したい場合や少し下のレンジを探りたい時はテリアで!

その後は、もう少し遠投したい…ビーグルより一枚下のレンジを探りたい…なんて時にテリアを使っていきましょう。

 

最後に

ビーグルとテリアに関してはとりあえずはゆっくりと巻く!それだけでベイトを追っている魚は反応してくれます。

巻きで反応がない場合、ストップ&ゴーやロッドでアクションを加え、ストップ…などが有効なので試して頂きたいです。

いろいろと書かせて頂きましたが、一般的にシーズンオフとされていても難しいことはなにも考えなくて問題なし!です。

地域差も大きくでてしまうかもしれませんが、皆様の地域でも釣れないと思い込んでいるだけで実は釣れるのかも??しれません。

夏の夕涼みに是非挑戦してみてください!!

1 / 2
次へ