ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

タケノコメバルのスーパーシャローゲーム【寄稿by天龍・蔵野雅章】

北陸のロックフィッシュゲームにおいて、キジハタと並ぶ主人公、タケノコメバル。

スーパーシャローからエキサイティングなゲームを楽しませてくれるタケノコメバルの魅力を、蔵野雅章さんに寄稿していただきました!

蔵野 雅章(Masaaki Kurano) プロフィール

北陸エリアからロックフィッシュ、アジングといったショアゲーム創世記を切り拓いてきた一人。独自の理論と視点から、ロッドやルアーの開発に携わる。テンリュウのルナキアシリーズでは2代目よりプロデュースを担当。サポートメーカーはテンリュウ、レイン、ジャクソン。富山県高岡市在住。

北陸・富山でスーパーシャロー

北陸、特に富山はキジハタゲームの聖地であり発祥の地。

この時期は県内外から多くのアングラーがグルーパーを求めて通い続ける。

その中で、少し埋もれがちになるが、もうひとつの主人公も忘れてはいけない。

タケノコメバル。

北陸ではこの10年で一気にロックフィッシュゲームの2大巨頭に躍りでた。

特にこの時期のタケノコメバルはスーパーシャローゲームが楽しめる。

水深1m以内をストロングスタイルで!

狙うのは水深1m以内のまさにどシャロー。

特に水通しのよいエリアにあるテトラポット内側のスーパーシャローは、タケノコメバルがベイトフィッシュを追うには最高のスポット。

さらに、その中にあるブラインドスポットになるウィードはタケノコメバルが潜み、ベイトフィッシュを密かに待ち受ける。

ここをストロングスタイルよろしく巻きの釣りで狙っていく。

7gのシンカーにワームはシャッドテール、もしくはカーリーテールでベイトフィッシュをイミテート。

これこそが夏のストロングスタイル。

ウィードを通し、巻く!

ウィードの面を通すように巻き続けるとそこから出てくるタケノコメバルに一喜一憂する。

それをサポートしてくれるのは的確にポイントを撃ち抜くハイポテンシャルなロッド。

ロックアイヴォルテックス74B-Mはロックフィッシュゲームの引き出しを増やしてくれる最高のパートナー。

■関連記事

お手軽に!ライトに!そんなロックフィッシュゲームロッドを「ロックアイヴォルテックス」の中からご紹介

これこそが夏の釣りを熱くさせてくれる。

みなさんも夏だからこそロックフィッシュに真剣になってみてはいかがだろうか?

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。