ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

永野総一朗「琵琶湖今釣れるの、ココですばい!!たまらんばいスポット大捜査・第58回」

連載:永野総一朗「たまらんばいスポット大捜査」

琵琶湖今釣れるの、ココですばい!!たまらんばいスポット大捜査・第58回

永野総一朗 Nagano Soichiro プロフィール

思い出に残る楽しいガイドサービスをモットーに連日出撃中の人気プロガイド「たまらんばい永野」とは彼のこと!! 巻きから繊細な食わせまで幅広く柔軟にこなす人物で、ご存知「高菜漬け」も好評発売中!!  1988年2月生まれ、滋賀で頑張る福岡県人!

いよいよ夏本番な琵琶湖南湖!

今年は珍しく涼しく夏の入り口となっております。

夏といえば…スタッガーワイド開幕!!

そして夏といえば!遂に!!!元祖ギル型ワーム、 スタッガーワイド開幕!

スライドフォールジグにスタッガーワイドやワイドツインテールを セットした、夏のラバージグ定食が始めました。


出典:ハイドアップ


出典:ハイドアップ

今回ご紹介するのもそんなワイドで釣るために! なスポットや釣り方など!

エリアは南湖西岸

早速、今やっているエリアに関してですが、ズバリ南湖西岸。

具体的には、堅田、山ノ下、名鉄、アクティバ、雄琴、ミック、 カネカ、若宮 それぞれ2.5-3.5mに絨毯状に生えるカナダモ。

魚探をかけたときに、 ウィードの面が綺麗に揃って映るのが特徴です。

そんなカナダモを流して釣っていきます。

スライドフォールジグ&スライドスコーンジグにセット

使うジグはハイドアップ・スライドフォールジグ、 スライドスコーンジグの5gと7g。


出典:ハイドアップ


出典:ハイドアップ

2m前後は5g、風が強いときや4m前後は7gという使い分け。

ワイドはシングルテールとツインテールとありますが、 晴れていたらウィードに入りやすいシングル。

ローライトだったり魚が浮いている場面では中層でバタバタとアピ ールしてくれるツインテールを使用します。

アクション方法はコレ!

風下や進行方向にキャストし、着水後10秒ステイ。

次にウィードをパンパンパンと軽く外してフリーフォールで6秒ステイ ✖️2回。

計3回のステイであとは手数勝負!!

フォール後にガツガツとくるバイト、ワイドの夏、 琵琶湖の夏をお楽しみください!

今週のたまらんポイント【魚探映像とセッティング】

上のような映像が要注意ポイント!

純粋なカナダモのみがベストで細いウィード(センニンモ) がからんでくるようなところはパスします。

ジグを回収したときに、カナダモか、 もしくは何も付かずに帰って来たらベスト!

タックルはmacca 610MHに、バンタムMGL XG、ラインはガノア・アブソルートAAAの16ポンドを使用しております!


出典:バリバス