ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

桧原湖のアフター時期のスモール攻略の切り札ヘビダン!【寄稿byボンバー】

こんにちは!桧原湖ガイドのボンバーです。

ボンバー プロフィール

昨年から裏磐梯に移住し、桧原湖まで車で5分の場所に拠点起き、シーズン中は桧原湖ガイドを行う。 バリバスフィールドテスター、HIDEUPフィールドスタッフ。

6月中旬から7月がアフターの桧原湖

カギはウィード攻略

桧原湖のアフターの時期は6月中旬から7月、スモールのスポーニングは結構ダラダラと続くので6月中はポスト、アフターと言った感じです。

近年の桧原湖はウィードも多くなり特にアフターの時期、このウィード攻略が釣果の「カギ」になります。

ウィード攻略にはヘビダン!

そのウィード攻略に欠かせないのがボンバーおすすめのヘビーダウンショット!略してヘビダン!

ヘビダンはウィードに対してすり抜けもよくアピール、食わせのバランスが丁度よく、自分はこの時期に多用します。

ライトウエイトで釣る前にヘビダンでウィードのエッジを探したり魚が付く硬いウィードを効率よく探れるのもヘビダンを使う理由。

そこで紹介したいのがこちらのアイテム!

スルーダウンショットリーダー+TGグレネードクイックチェンジャー+フッキングマスターリングオフセット=ヘビダン。

そうです。これらのアイテムの組み合わせで簡単に綺麗にヘビーダウンショットが作れるんです。

セッティングが非常に簡単!!

使い方は簡単で、まずフッキングマスターリングオフセットのスイベル部分にメインラインを結ぶ。

そして、スルーダウンショットリーダーをフッキングマスターリングオフセットのリング部分にカチッとセットする。

スルーダウンショットリーダーの下の輪っかにTGグレネードクイックチェンジャーをカチッとセットすれば・・・

ハイ!ヘビダンの完成です!

ね!簡単でしょ!

しかも、スルーダウンショットリーダー、TGグレネードクイックチェンジャー、フッキングマスターリングオフセットにはいろんな長さ、重さ、サイズ、と展開してるので条件に対応できクイックに取り替えられるんです。

是非いろんなフィールドでも試してみてください。

ラインはガノア・アブソルートAAAの10lbが鉄板!

ちなみにメインラインで使用してるのは信頼と安心のアブソルートAAAです。

桧原湖で使うなら10lbが一番オールマイティーで使いやすいですよ。

《ボンバー桧原湖ヘビダンおすすめタックル》

・ロッド:ベイトロッド6フィート6インチ〜7フィートMかMH

・リール :ベイトリール ハイギア

・ライン:VARIVASガノア アブソルートAAA[フロロカーボン]10lb

・フック:Nogales フッキングマスターリングオフセット(MEDIUM HEAVY&HIGH POWER CARBON)#1

・シンカー:Nogales TGグレネードシンカー クイックチェンジャー

・ルアー:HIDEUP スタッガーオリジナル3インチ

・その他:Nogales スルーダウンショットリーダー

1 / 2
次へ