ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

琵琶湖フロッグパターン公開&お手軽SWライトゲームで想定外スギの爆釣を堪能「水野浩聡のワンモアフィッシュ」

連載:水野浩聡のOne more fish

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

こんにちは‼︎水野浩聡です!!

最近の天気ですが、ムラはあるものの、ほどよく雨も降ってくれて、これぞ梅雨‼︎ という感じの日が続いております。
ただ、合間に晴れる日があると、やっぱり人間的にもかなり暑く感じるし、不快指数MAX。

 

バスを釣る上でも、晴れよりも雨や曇りのローライトコンディションの方が圧倒的に食わせやすく、この時期、旬な表層系の釣りをする場合もその天気によって展開が大きく変わってきます。

 

琵琶湖でのフロッグパターンでハメられる時って?

さて、そんな中、最近は何気にチョコチョコと琵琶湖に出撃中。

やはりフロッグをやりたい…ということで、多くの時間をフロッグ攻めに費やしている今日この頃です。

 

放水があるとチャンスタイム!!

僕は比較的インサイドエリアでのゲームを選択することが多いので、減水や放水量が落ちてしまうと、インサイドエリアの爆発力が薄れてしまい、バイト数も落ちてしまいやすいます。

逆に、水位がグっと増えるくらい雨が降り、それにより放水がかかると一気にチャンスが拡大します。

 

ウイードエリアではポッパーなどが無難ですが、ウイードの上をストレス無く引いてこれるフロッグがオススメなんです!!

僕がフロッグをよくやるエリアは雄琴周辺、若宮、北山田などですが、どのエリアもカナダ藻やエビモがしっかり水面まで繁茂しています。

もちろん流行りというか、琵琶湖全体で言えばポッパーなどが主流なんですが、僕自身は水面まで伸び切ったウイードの上をしっかり通していきたいんです。

そうなるとどうしてもトリプルフックだと引っ掛かってしまったり、場所によっては切れたウイードが所々に浮いていて、非常にストレスを感じやすくなってしまいます。

 

ウィードエリアを引いてくるのに多用しているのがガヴァチョフロッグやスピンガヴァチョです!!

ウイードの上をストレスなく引いてこれるよう投入しているのがポッパーフロッグの、ガヴァチョフロッグスピンガヴァチョ

それぞれの使い分けとしては、ギルが多い場所でらガヴァチョフロッグを選択。
細かいベイトの流入によって新しく入ってくる回遊性の高い魚が入ってきているのを確認できたら、スピンガヴァチョで細かいドッグウォークをさせて、ベイトをイミテートするようなアクションをさせて食わせていってます。

 

ガヴァチョフロッグはブルーギルなどの細かいベイトの流入の時

ジャッカル公式「ガヴァチョフロッグ」詳細ページはこちら

 

スピンガヴァチョは回遊性の高い魚の流入の時

ジャッカル公式「スピンガヴァチョ」詳細ページはこちら

 

 

また、無風時はやや小粒なカエラなどのポッパータイプでないフロッグをドッグウォークさせて、しっかりと口の中に収まりやすいものを使用する時もあります。

フロッグも、何種類か持っておくと、より多くのバイトが拾えるでしょう。

 

 

フロッグ攻めでの使用タックルはコレ

フロッグ攻めで使っているタックルも紹介しておきますえ!

ガヴァチョ、カエラ用

・ロッド…ポイズンアドレナ172H(シマノ・ジャッカル)

・リール…スコーピオンDC100HG(シマノ)

・ライン…PE56ポンド

スピンガヴァチョ用

・ロッド…ポイズンアドレナ267ML(シマノ・ジャッカル)

・リール…ヴァンキッシュ2500SHG(シマノ)

・ライン…PE1.5号直結

 

以上、最近はもっぱらフロッグゲーム押しの水野でした(笑)

 

1 / 3
次へ