ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【オフショアジギングビギナーにも超優しい設計】よっしー・吉岡進に聞いたジャッカル・バンブルズジグ

ジギング特集

ジャッカルが今年から本気と書いてガチモードで本格参入しているのが青物ジギング。

BamBluz(バンブルズ)シリーズとして、メタルジグが間もなくリリース。続いて専用ロッドもデビューするという。

というわけで、ジャッカル・ソルトプロスタッフのよっしーこと吉岡進さんにバンブルズアイテムについて聞いてみました。

吉岡 進(Susumu Yoshioka) プロフィール

「よっしー」の愛称で知られるジャッカルのソルトプロスタッフ。10代の頃はブラックバスにはまり、その後はオフショアソルトの世界にトップリ! 関東を拠点に一つテンヤ、オフショアタチウオ、ジギングなど、オフショアルアーゲームをマンキツ中!

2シルエットのメタルジグ

バンブルズジグにはショートとセミロングの2タイプがリリースされます。

出典:ジャッカル

2つはサイズこそ違えど、基本アクションは共通。

アクションが共通しているからこそ、シルエットで使い分けるだけと、実はこれからオフショアジギングを始めたいという人にも「分かりやすいジグ」になっています。

左右非対称ボディ
魅惑のフォール

その共通したアクションのひとつがフォール。水平姿勢からヒラヒラ~ッとロール&スライドしながら強烈にアピールするモノです。

出典:ジャッカル

その理由は左右非対称ボディにあり。

ショート、セミロングともにセンターバランスなのですが、片側だけが背中が盛り上がったような形状になっています。

これがフォール時に水を受けて瞬間的にハイピッチロール、かつジグザグに舞い落ちるワケです。

吉岡さんは「ワンピッチがあまり得意じゃない人でも、ロッドを持ち上げて下ろすだけでキレイなフォールが出せるように、正直かなり微調整しました(笑)。初めてのオフショアジギングという方にこそ使ってもらいたいですね」と話していました。

1 / 2
次へ