ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

伊東由樹のメガトレンド最前線「ディープ回遊中のデカバス獲り!」

伊東由樹(YUKI ITO ) プロフィール

30数年にわたり世界各地のメディアで驚異的釣果を叩きだしてきた伝説のカリスマアングラー。 アーロン・マーティンスをはじめ、数々のトッププロを育て上げ、エドウィン・エヴァース、クリス・ザルディン擁するトーナメントプロチーム「メガバスSTW」の初代監督を務め、3度目のバスマスタークラシック制覇とAOY(アングラーオブザイヤー)獲得に貢献。 米国法人MEGABASS of America Inc.初代CEOを務めた。現アイティオーエンジニアリング・フィッシングアドバンスドテクノロジー最高技術顧問。 ㈶ジャパングッドデザインアワードでは、200作品を超えるアワード受賞作品をプロデュースするフィッシング/スポーツ用品カテゴリー最多受賞デザイナー。 国際的に最も権威と歴史あるIFデザインアワード(ドイツ・ハノーバー)では、日本人初の快挙となる2018-19年連続受賞デザイナーとして、メガバス、アピア、I×I(アイバイアイ)をはじめ、数々のフィッシングブランドの名作を手掛けている。 メガバス㈱グループ創業者。

 

梅雨時期に入り、西エリアでは、スポーニング回復のクルージングフィッシュに対してスーパーディープクランク、ビッグMが炸裂している。

東エリアでは、先日はI×I(アイバイアイ)シャッドがシャロー沖で爆発。

ハードベイトが絶好調である。

開発部隊は、琵琶湖、霞ヶ浦でのテストが連日多いが、個人的には、新緑が湖面に映えるこの時期は、ニッポンのタフなリザーバーの釣りに挑みたくなるというものだ。

メガバス公式「BIG-M 7.5」詳細ページはこちら

メガバス公式「BIG-M  4.0」詳細ページはこちら

メガバス公式「I x I SHAD シリーズ」詳細ページはこちら

 

回遊中の手強いデカバス!

そんな私も、「社長の朝練」動画のロケでリザーバーへ。

ロケインしたフィールドは、オーバーハングが狭くなるほど水量が増えていた。魚探をかけてもおよそ目立つディープストラクチャーがない。

垂直岩盤エリアの沖ということで、魚の足を留める立木もスタンプ(切り株)もまったくない。

水深12~15mのフラットで単調な底が延々続いているのみだ。だからみんなはこの釣りをしない。

しかし、魚の足を留めるものが何もないレンジをのうのうと泳ぐ個体は総じてデカい。

デカイ魚に狙いを絞り込む釣りでは、あえてチャレンジする価値がある。

 

魚探を見ると、11mディープの中層レンジに時折、帯状に映る影が魚の回遊レンジと判別できる。それがデカバスであることを祈ろう。

そこへあらゆるハードベイトを通したが、触る気配はない。一瞬、コイの群れかとも思ったが、岸沿いのブッシュやレイダウン、そのやや沖のブレイクの大岩まわりなど、散々叩いても反応してくるのは30cmにも満たないヤングサイズだった。

それがポツリポツリと散発するばかり。やはり狙いは、水深11m~12m付近に時折映る、回遊の影だ。

 

[社長の朝練3]YUKI ITOデカバスめった斬り!リザーバー編

出典:YoutubeMagabass Channel

 

 

ディープのクルージングビッグを撃墜する「ダークスリーパー」!

水深11m~12m付近に時折映る、回遊の影を追う釣り!

そんな中、デビュー以来、リアルスキンをまとった新たなスイムジグとして絶大な人気を誇る「ダークスリーパー」が炸裂した。

メガバス公式「ダークスリーパー」詳細ページはこちら

ダークスリーパー水中アクション動画はこちら

フォール中も水平スイム中も、かけあがりのボトムを這っているときも、常にテールがバイブレートしボディを小刻みに揺らしている。

いつでもどこでも動いている状態だから、「生き餌」状態なのだ。

だからダークスリーパーには、はっきりいってテクなどいらない。ただし回遊状態のバスのアタリは、サイズがデカイ個体ほど感知しにくいから、水面に伸びるラインの変化を目で見て合わせる「ラインウォッチャー」になる必要はある。

使い方は簡単、投げて落としてゆっくり手繰り寄せるだけである。うちの犬にでも出来そうだ。

 

 

 

トドメは「ボトルシュリンプ」だ。やっぱりこのアームの波動力は、ハンッパねー!!

メガバス公式「ボトルシュリンプ」詳細ページはこちら

 

 

ソフトベイトのロングセラー、ボトルシュリンプは、アームのデザインが独特だ。

太いアームが倒れ込みのときに引き起こす「ソニックインパクト」が、高確率でリアクションバイトをもたらす。

当時、開発テストではゲップが出るほど釣りまくった。デビューする頃にはもはやボトルシュリンプの釣りに飽きていたくらいだ。

これまで何度もタフって白旗を上げざるを得ない状況まで追い込まれたロケでも、最後の最後に予期せぬビッグフィッシュをカメラの前に突き出させてくれたワームだ。

ボトルシュリンプは、フォール直後に加える最初の1リフト動作によるファーストアクションでいきなり食ってくることが多い。

そこでアタリがなければ数回バタバタと誘ってみる。

ターゲットが近くにいたら真っ先に触ってくるといっていいくらい、本物のエビや牡蠣から抽出したヤバイ生体抽出のミクスチャーフレーバーをマテリアルに練り込んでパッケージングしている。

ダークスリーパーの“見た目”に引けを取らず、存在そのものが生エサ的インパクトを与えるのだ。

誰にも語らず自分だけ爆釣したいと思うのは釣り人の性。だからこれまであまりボトルシュリンプの凄さを知られたくなかった。

さて、今回の動画撮影では、一部始終を撮影されてしまっているので、ボトルシュリンプの、回遊バスを一撃で食わす迫真のパフォーマンスを白日の下にさらすことになった。

やはり、最後の最後に、またしてもグッドコンディションを引き出してくれた。鰭(ひれ)ピンの53cmだ。

 

最後の最後・・・とかいいながら、実は実釣タイムはお昼までで、13時10分に取ることになった遅めのランチタイムのあと、私は、いそいそとスーツに着替え、タクシーを拾って約束していた午後の商談に向かった。

だから社長の朝練だ。

とにもかくにも、社長は忙しいのだ。

 

今回のロケの動画! 社長の朝練3]YUKI ITOデカバスめった斬り!リザーバー編

出典:YoutubeMagabass Channel

 

 

【配信中の社長の朝練!動画】

[社長の朝練2]YUKI ITOデカバスめった斬り!ジャークベイト編

出典:YoutubeMagabass Channel

[社長の朝練1]YUKI ITOデカバスめった斬り!

出典:YoutubeMagabass Channel

1 / 2
次へ