ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

簡単!疲れない!トモ清水が2019年夏に提案する「マイクロショアジギング」

ジギング特集

マイクロショアジギングの世界へようこそ!

こんにちは、トモ清水です。

今回は、私が最近いろんな釣り場で楽しんでいる「マイクロショアジギング」というスタイルについて、ご紹介させていただきます。

トモ清水(Shimizu Tomo) プロフィール

PFJ(ピュア・フィッシング・ジャパン)であらゆる魚種のAbu Garciaロッド製品開発を担当するスーパーマルチアングラー。ホームは、関東外房(フィールドテストで全国行脚するため、大阪、広島、九州、北陸すべてセカンドホームグラウンド)。趣味はサーフィン、スノーボード、キャンプと多趣味だが、釣りがダントツ。1977年9月生まれ。本名は清水智一

まず最初に、一般的にショアジギングというと青物といったイメージがあると思いますが、マイクロショアジギングというカテゴリーにおいて、メインターゲットは青物ではなく、より身近なターゲットであるメバルやアジ、カサゴなど小型メインの魚種になってきます。

よってガチなショアジギングやライトジギングより、気軽に楽しめ、一年を通して身近な港や堤防、サーフ、磯場で遊べるのがマイクロショアジギングです。

使用するリールは1000番クラス、PEラインも0.5号前後と、非常にライトタックルであるのも特長

使用するリールは、一般的には3000から5000番クラスの大型リール中心ですが、マイクロではアジやメバルで使用される1000番がメインとなります。大きくても2000番クラスで、使用するラインも0.5号前後のPEラインが前提となります。よってタックルも従来のショアジギングのイメージから大きく異なり、子供や女性でも体に負荷なく、簡単に楽しめる釣りになっています。

Revo MGXtreme 1000S

出典:ピュアフィッシング

1 / 2
次へ