ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

オンスタックルうらら「現場イズム」サーフでのSWオカッパリ!シンキングフロート攻め現場レポート

今回はサーフエリアでの、ちょこっとフィッシング!

こんにちは、オンスタックルの「うらら」こと浦 満晴(うら・みつはる)です。

うらら(浦 満晴)(Mitsuharu Ura) プロフィール

マナティーやワインド釣法でお馴染み!オンスタックルの「釣り担当」。メインの仕事はとにかく現場で実釣を行い、その経験&ノウハウを製品作りに役立てること! 連載タイトル通り、まさに現場イズムを貫いているアングラー! 実際、春夏秋冬1年中、旬のSWターゲットを追い求め壮絶なランガンを繰り返す生活を送っている。ワインドゲームは大好物だけど、犬はチョ~苦手!

今回はサーフエリアに向かいました!

↓以前撮影したもの

タイミングはなんと、ド干潮。

えぇ! 予想通り水が少ないぞ…と。

とりあえず、目の前に見えているところでスタートしたわけですが、2投しても反応無し!

浅場の魚、反応する個体がいるなら2~3投で何かしらアタってくることが多いので、早くも少し移動。

 

今度は地形や波の高さなどを見て、水深のありそうなところを選んでみることに。

まだ、上げ潮が効いていない為、潮の動きはわずか。

 

シンキングタイプのフロートを使うと水中の潮の変化がよくわかる

こんな時に役に立つのが「シンキングタイプのフロート」!

 

キャストしてカウントダウン。 ゆっくりリトリーブしてくると水中の潮の変化がよくわかる!

そして、反応あり(^^)

その数投後にキャッチ♪♪

 

潮の変化があるとアジ! 深く探るとメバルとガシラが!

ところが…

潮の変化がなくなるとアジの反応は消え、更に深く探るとメバルとガシラが顔を見せてくれる♪

目の前に潮目が入るとアジが反応する!

アジは潮の変化についている様子。

そんな感じの釣りを楽しんでいると、そろそろ終了予定時間の22時30分。

と、いう事で沈めておいた水汲みバケツを引き揚げて撮影!

 

帰ろうと前を見ると明確な潮目が数本!当然⁉  延長戦に突入

で、水汲みバケツを洗おうと前を見ると、急激に潮が動き始め、目の前に差し込む明確な潮目が数本!

 

これは、キャストするしかないやん! と、延長戦に突入(笑)!

ここで、面白かったのがロッド操作でアジの反応が全く違ったこと!

潮のヨレにフロートが入っていく時の抵抗を強く感じる所に誘導すると確実に反応あり! ただ流し続けるだけではアタリも出ない、方向は同じでも…。

 

今回使ったワームは、EXスーパーソフトマテリアル採用の生(なま)ワーム「アジつくし 1.9 in」

潮の流れを利用してワームを強いヨレに届けていく!

今回使ったワーム、アジつくし 1.9 inはEXスーパーソフトマテリアル採用の生(なま)ワーム!

その驚愕の柔らかさは水中の変化を敏感に捉えるため、常に誘い続ける事が出来るのでアクションとドリフトを組み合わせて狙う今回のような場合にも効果大!

 

 

結果、30分の延長戦となり…

最後の1投を数回繰り返す「アングラーあるある」で2匹追加でストップフィッシング(笑)

 

 

今回キャッチした魚全て、アジつくし 1.9 inのスーパーグローで!

ふり返ると、今回キャッチした魚全てがアジつくし 1.9 inのスーパーグロー。

 

2時間20分の、ちょこっとフィッシング!での最終釣果はアジ19cmまで6匹、ガシラ3匹、メバル3匹!

途中、ダーク系なども試してみたけど、明らかにスーパーグローがよかったですね!

結果、アジ19cmまで6匹、ガシラ3匹、メバル3匹で2時間20分ほどのちょこっとフィッシングを楽しんできました♪♪

 

使用タックルはこちら

ロッド:Justace ミッドワインダー7 TZ(※6月中旬発売)

リール:シマノ 18ステラC2000S  夢屋C2000 N2010スプール

ライン:YGKよつあみ リアルデシテックス プレミアムWX8 0.4

リーダー:YGKよつあみ GP  Z_1.2

フロート:自作 シンキングフロート

ジグヘッド:カルティバ バランサーヘッ0.3g

ルアー:オンスタックル アジつくし1.9 in

 

 

WEB連載 オンスタックルうらら「現場イズム」毎週  火曜日 配信!

過去の連載記事はこちら

1 / 2
次へ