ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ジャッカルのチヌ(クロダイ)ゲーム専用ワーム5種類!マッチザベイトで使い分けるべし!

チヌゲーム特集

〇〇専用ワーム、〇〇専用ロッド…世の中にはそんな釣具が数ありますが、専用というのはやはり、そのターゲットに絞って開発されてテストされたものですので、積極的にオススメできますし、選び間違いがありません。

もちろん、代用できたり、併用できたりもします。

釣りっていろんなジャンルがあってスタイルがあって、「この釣りとこの釣りにコレが使えるな…」と分かったり、例えば釣具店で店員さんに教えてもらったり、ネット上でレビューをみたり、友人に勧められたりすれば迷わずに済みますが、迷ったら「専用」。

そんな「専用」という言葉が好きな記者がオススメする、チヌ(クロダイ)用ルアーをご紹介。

チヌゲームといってもいろんなスタイルが存在しますが、今回はボトムゲームに最適なルアー専用ルアーです。

ジャッカルさんのチヌ用ルアーは、ボトムゲーム専用のジグヘッドの「ちびチヌヘッド」があります。

チヌ・クロダイのボトムゲームに超オススメ!杉山代悟君愛用のジャッカルの「ちびチヌヘッド」をご紹介!

その専用ルアーにセットするワームも、チヌ専用。全部で5種類のラインアップがありますが、何が違うの?どう使い分けるの?と、疑問に思うアングラーもいらっしゃると思いますので、ご紹介していきたいと思います!

ちなみに…チヌ専用と書いておりますが、チヌ(クロダイ)以外にもチヌゲームでターゲットとなるキビレももちろん含みますので、お見知りおきの程を!

 

使い分けの基本は、釣りの基本でもある「マッチザベイト」

釣りの基本はマッチザベイト。ターゲットが今捕食しているベイト(エサ)にルアーを合わせるということですが、チヌゲームでもこれが基本となります。

釣り場のシチュエーションを考えたり、水辺や足元を観察してみたりすれば、ヒントは得られます。また、1尾釣れたら口の中を見てみると、口の中にエサが入っていることもあるので、チェックしてみるのも手です。

季節やシチュエーション、水深によって、捕食対象はさまざまです。だから、ルアーってたくさんの種類があるんですよね。

ということで、ジャッカルのチヌ専用ワームは先ほどにも挙げましたが5種類。

チヌゲームが大好きな杉山代悟君に、ワーム使い分けと特長について、聞いてみました!

杉山代悟 Sugiyama Daigo プロフィール

1994年7月生まれの24歳。エリアトラウト界で知らない人はいないエキスパートアングラー。 8歳からエリアトラウトの釣りをはじめ、トーナメントに参戦したのは10歳の頃。 トラウトキング選手権の覇者に与えられるマイスターの称号を過去2回獲得、現在も上位に入賞し続けているスゴ腕アングラー。 そんなエリアトラウトでの活躍に加えて、最近はソルトウォーターの世界も満喫中! 実は静岡の海育ちで実は生粋のソルトアングラーでライトゲームからオフショアのビッグゲームもこなす。 趣味は筋トレで週4でジムに通うほどのマニアだ

まず1つ目はコチラ!

ちびチヌ蟹1”

出典:ジャッカル

チヌ、キビレが大好物のカニ。シャローの岩場や敷石周りには必ずと言っていいほど、カニを見つけることができます。

1インチサイズの小粒マイクロボディ、リアルなシルエット。ナチュラルに動く大きめサイズの爪や細かいアームがしっかりと水を掴んで波動をだすので、サイズ以上のアピールが可能!

出典:ジャッカル

マテリアルにはエビフレーバーが配合されているので、集魚効果と食い込みのよさが特長です。

カラーは全10色。代悟君がお気に入りなのはこの2色!

グレープグリーンフレーク

出典:ジャッカル

レッドゴールドフレーク

出典:ジャッカル

ちびチヌムシ1.5″

出典:ジャッカル

こちらも1.5インチとコンパクトなボディに、大きめのシャッドテールがデザインされたワーム。

水辺で見かけるフナムシをイメージしたもので、各パーツのアクションが相まって、チヌを惹きつけます。

こちらには貝とエビのWフレーバーを採用!

カラーは全8色でしたが、下の2色が追加でラインナップされましたよ!

UVカメジャコ

出典:ジャッカル

グローボケジャコ

出典:ジャッカル

 

1 / 2
次へ