ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【クローラーベイトがアツい!】デカバスに効くファンタスティックな使い分け、使い方を紹介【寄稿by三原直之】

「アベンタクローラーRS」のオススメ使用法

使い方は、本当にデッドスローに巻くだけ

ラインの弛みによるラインの重さで動かす程度。

もしくは、 動きがリズミカルになるように巻くだけです!

「一点的にゆっくりと動き続けること」、「表層系」、「虫ルアー」 となると、アフターが大好きな条件は満たされマクりで、 さらに「アベンタRS」の浮き姿勢が、 後方に垂れ下がるように浮いているうえにトリプルフックが着いてい るので、吸い込みの弱いアフターの魚でもフッキング率は抜群。

正直、フローティングの虫ルアーを投げるよりも効率が良く、 サイトフィッシングでも使えるので本当にアフター最強ルアーと言 っても過言ではないでしょう。

「クローラーベイト」用タックルは?

「アベンタクローラーRS」を投げるタックルですが、 僕はヘビークラスのグラスロッドに、G-nius projectの「グラビアス7.3」、ラインは東レの「ソラローム・ルアーPE 4号」をパロマーノットで使用しています。

基本的に吸い込みが弱いバスを相手にするので、 硬いよりか少し柔らかめのロッドをチョイスする方が良く、 それによりフッキングパワーをロスさせないようにPEラインの4 号を使用しているのです。

グラスロッドを使用する理由は、 バスの首を振らさせないため

クローラーベイトは、ファイト中に水中でハネが開いてかなりの抵抗が掛かることで、身切れによるバレが発生するため、なるべく暴れさせないためにグラスロ ッドを使っているのです。

ちなみにこのロッドは、ジャストエースさんにワンオフで作って貰いました(笑)

まぁ、タックルに関してはまずアベンタRSを使い込んでからでもよいと思いますので、まずはこのアフター最強ルアーを、オカッパリでもボートでも使いマクって、良い釣りをしてくださいね!

2 / 2
前へ