ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【サゴシスナイパー】ライトショアジギングのサゴシ狙いに最適なアシストフック

少し前に紹介しました、がまかつのNEWフックがアシストフックサゴシスナイパーです。

【過去に配信した記事は→コチラ

このサイズで中芯入りは、なかなかない!

このサゴシスナイパーはライトショアジギングでのサゴシ(サワラ)狙いを意識したフックです。オフショアから小さめのジグを投げる際にもイイのですが、一番の土俵はショアジギでしょう。

出典:がまかつ

かなりショートタイプのアシストフックとなっているサゴシスナイパー。ショアジギにおけるサゴシ狙いならメタルジグは基本的には20~40gほど、重くても60gくらいまでを投げることが多いと思います。

ということで、ジグのシルエットが小さいワケなのです。そんな小さいジグに、ショートなサゴシスナイパーはマッチします。

そして、サゴシの鋭い歯でも切られない中芯ワイヤー仕様で切られない。このような小さめ(アシストラインが短い)フックで、中芯入りってあまり多くないと思います!

ショートだけど、太軸設計

そして、ショートでありながら、太軸設計となっているのもミソ。

サゴシはもちろん、サワラにも対応するというのももちろんなのですが、ショアジギだとサワラの下に青物が回っていたり、ペンペンシイラなんかが回っているシチュエーションも十分考えられます。

そういった魚種が掛かっても安心なのです。また、ポイント状況によっては、取り込む時に抜き上げも多くなると思います。細軸のフックでは、取り込みのバラシだったり、バレなくても取り込みでちょっと伸びたりしていて、次のヒットの時に…なんてことがありがち。そういった点も解消してくれます。

チューブが長い!

それから収縮チューブがかなり長めになっているのも気になります。サゴシの歯からのダメージをさらに少なくって目的もありますが、これによってアシストフックがジグを抱き込みにくいようになっているんですね。フックの自由度は、ダブルフックがカバー。

接続はスプリットリングを介してフロントに。サゴシ狙いに関していば、サゴシスナイパーをフロント、リアフックはトレブルなどがイイでしょう!

出典:がまかつ

いよいよ暑くて熱いショアジギの季節! たくさん楽しんでくださいね!

サイズは#1、#1/0、#2/0。各2組入、650円。

アシストフックサゴシスナイパーの製品詳細ページは→#1がコチラ、#1/0~2/0がコチラ