ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

オカッパリバス釣り!ミノーとシャッドの使い方【寄稿by村松恵太】

アフターからアフター回復系を釣るのにオススメな「ミノー」と「シャッド」の釣りを紹介

村松恵太(Muramatsu Keita) プロフィール

静岡県のフィールドでオカッパリバス釣りを中心に活動中! バス釣り以外に、ソルト、管釣りにもチョコチョコ出撃中しています♪

みなさん!こんにちは、村松恵太です。

今回はこれからの時期に効く!アフターからアフター回復系を釣るのにオススメな「ミノー」と「シャッド」の釣りを紹介したいと思います。

 

アフター回復初期とアフター回復気味の両方の個体を狙うのに有効なのがミノー

まずはミノーからです!

アフターからアフター回復の魚は産卵後で体力が弱っていたり、弱っている体力をベイト捕食して回復をしようとしている魚がいます。

そんな、両方の個体を狙うのに自分が多用しているのがミノー!

具体的にはプリズムを愛用しています!

ジャクソン公式プリズム詳細ページはこちら

 

アフターの浮き気味バスにはフローティングミノーの「プリズム」が◎

このミノーはフローティングタイプなので浮力高いので、浮力を活かしてアフターの浮き気味の魚を狙うのにイイんです!

 

ジャークかトゥイッチでルアーを飛ばしてから浮上させる

アクションのさせ方は、少しルアーを潜らせてから、1回〜2回ジャークかトゥイッチでルアー飛ばし、ルアーが水面に浮上するまで待ちます。基本的にはこの動作を繰り返します!

バイトはその浮上中やアクション中に出ることが多いです。

ルアーを投入するエリアは、カバー横や縦のストラクチャーやオーバーハングなど!

 

ウエイトシールを貼って浮き上がりスピードを調整するのもアリ

もしバスがルアーの浮き上がるスピードについていけない場合には、ルアーにウエイトシールを貼って浮き上がるスピードを調整するのもアリです。ウエイトの重量はその日のバスのコンディションに合わせて選んでください。

ウエイトチューンについては、ミノー場合は水平で沈まない程度に任意調整してください!

 

アフターの回復が進んでいる個体に対してはリアクションで!

あと、アフターからの回復が進んでいるバスに対してはリアクションで狙います!

この場合の誘い方は2つあります。

1つはルアーを潜らせて、リールを早く巻き続けてスピードでリアクションバイトさせる方法。

そしてもう1つはリールを2回転〜4回転ハンドルを素早く回して1度ルアーをストップさせてを繰り返す方法。

いずれもルアーが早く巻いてもバランスを崩さないスピードを覚えておくのがイイと思います。

●オススメタックル

・ブラストビーツ BBC–610M(ミディアム〜ミディアムヘビーのベイトロッド)

・メタニウム DC HG(ハイギヤリール)

・ライン エクスレッド 14lb.(フロロ 12lb.〜14lb.)

1 / 3
次へ