ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

今江克隆のルアーニュースクラブR 第952回「最新ビッグベイト・サイト理論」の巻

連載:今江克隆のルアーニュースクラブR

ビッグベイトサイトの真髄は?

このビッグベイトサイトは、特にプリスポーンからアフタースポーンまで、スポーニングに絡んだ大型のメスのバスを専門に狙うには間違いなく最強の方法である。

しかし、時期が時期だけにメディアではその全貌公開を意図的に控える傾向にある。

そのためその全貌が明らかにならない故に、効果は絶大だとも言えるかもしれない…。

今回、仲ちゃんのウィニングタックルの写真を掲載しておくが、この写真の「ある違和感」に気が付いた人は相当鋭い。

仲ちゃんのウィニングタックル。「アユロイド(アバロン桜ブロッサム)」で3本7,800gで優勝。この写真のナカにもナカナカな秘密アリ!

「仲ちゃん、ナカナカやるじゃん!」と写真を見た瞬間に自分は気が付いたことがあった。(因みに背針仕様はダメだったようで、仲ちゃんは試合後、「レプリケーター」のバッファローホーンフックを真剣に熱望していました…それがヒントです)

ビッグベイトサイトで重要なこととして、超クリアウォーターでバスがビッグベイトに反応する折、特に賢いメスの大型はルアーのどの部分に対して口を使ってくるかを良く観察することである。

この観察を幾度も経験すると、バスが「針のない部分」に対し口を使ってくることに気が付き、イライラしたことがあるはずだ。

5月29日水曜晩22時と6月5日の2週連続放送になったサンTV「ザヒット」。 「レプリケーター」によるビッグベイトサイトでとりあえず朝一2本釣ってますので参考にしてください

2 / 5
前へ 次へ