ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

大仲正樹激選!琵琶湖×ガンクラフトオススメルアーズ【ハードベイト編】

琵琶湖のバス釣り完全ガイド

みなさんこんにちは、大仲正樹です。

大仲 正樹(Masaki Onaka) プロフィール

琵琶湖全域をトコロ狭しと駆け、巻きモノや食わせなどヘビーな攻めからライトな攻めを的確に使い分け、独自の展開でデカバスバイトを導きだす琵琶湖ナンバー1レベルのイケメン人気プロガイドの1人。

琵琶湖で2019年に活躍してくれそうなルアーをハードベイト&ソフトベイトでそれぞれ紹介したいと思います!

今回はハードベイトを3つ紹介いたします!

琵琶湖×ガンクラフトルアーズ①カイテン178

まず今年間違いないのがカイテン178!


出典:ガンクラフト公式・カイテン商品ページ

ノンアクションボディにスクリューという、新たなジャンルを提示した回転波動系ルアーの第二弾。

ボリュームのあるリアルボディがバスの視覚にアピールし、リアスクリューの波動が、尾ビレを振って泳ぐ魚の波動を演出。
前後のスクリューにより発生する波動がボディを包み込むスクリューベイトとは違い、波動で寄せ、視覚で食わす、新テイストの回転波動系です。
また、ハイウエイトボディがもたらすファーストフォールにより、いままでビッグベイトでは攻めることが難しかった、水深10m前後のディープエリアのレンジキープトレースも可能になり、ビッグベイトによる真冬のディープ攻略にも最適です。
水面直下のシャローレンジからディープレンジ・ボトムエリアまで、効率よくオールレンジをチェックできます。

KAITENはマテリアルの異なる2種類のペラに付け替え可能。フラッシングやサウンド、波動力等、スクリューによりもたらされるアピール力を変化させることができます。
水質や天候、バスのコンディションに合わせペラをチェンジすることにより、ルアーのカラーローテーションと同様、違ったバスの反応を得ることが可能です。

出典:ガンクラフトHP

Type Length Weight Price
SS 178mm 2・3/7oz class \4,572(税抜)
NS 178mm 2・1/2oz class \4,572(税抜)

初夏から真冬まで長い時期活躍してくれること間違いなしのカイテン。

ジョイクロのフォローベイトとして使うイメージです。

ジョイクロが浮かせて釣るのに対して、カイテンはバスの目線に送り込むことが可能です。

バスは浮いてくる時にウィードやストラクチャー伝いで浮いてきます。

しかし今年はウィードが少ないため、浮ききらないことが多くなりそうです。

そんな状況だからこそコチラから送り込むことが可能なカイテンが活躍するハズ!

昨年もウィードは少なめでしたが、やはりカイテンがよく釣れました。

この流れは今年も継続しそうです。

カイテンの使い方

基本的には投げて巻くだけでOK!

着水したらすぐにタダ巻きしはじめてください。

レンジが深ければすこじ沈めてから巻きながらバスの泳層にルアーを送り込みましょう。

オススメタックル

オススメのロッドはキラーズ00アウトトラックKG-00 6-730EXH。


出典:ガンクラフト公式・アウトトラック商品ページ

ラインはGブラッドの20ポンドです。

出典:ガンクラフト公式・Gブラッド商品ページ

残り2つは次のページで紹介!

1 / 2
次へ