ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

小池貴幸が教える!琵琶湖でこれだけはハズせない3つのワーム

琵琶湖のバス釣り完全ガイド

琵琶湖でハズせないワーム②サンショウウオ

2つ目はサンショウウオ!

出典:ゲーリーインターナショナル・サンショウウオページ

サンショウウオの出しどころは「暑いなあ~」と思ったとき!

シンプルに気温が高い時に使う場合が多いです。

たとえば今の時期(5月)でも気温が低い日もあれば高い日もあります。

この高い日に使うイメージですね。

リグはフリーリグがオススメ

リグとしては最近はフリーリグがオススメ!

フリーリグの場合シンカーのウエイトは5gをベースに風が強い場合では10gぐらいまでは使っちゃいます。

アクションのさせ方としてはズル引きで使用します。

ここ最近反応がいいのはスラックシェイクしながらのズル引き!

シェイクしながらズル引きしてきて、少し生えたウィードにコンタクトさせてやると反応があることが多いです。

移動距離を抑えながらもしっかりルアーは動いているというのが大切です。

これだけを聞くとテキサスでもできそうだと思うかもしれませんが、シェイクした際の支点の違いでテキサスだと持ち上がりすぎてしまいます。

底の取りやすさもフリーリグの方が◎。

テキサスのような使い方でありながらもフリーリグだからこそよりメリットが得られる使い方です。

ロッドは絶対ソリッドティップがイイ!

7フィート前後のMHロッドが使いやすいと思います。

特に今のようなウィードが少ない状況では圧倒的にソリッドティップがオススメ!

ソリッドティップでないと気付けないウィードがたくさんあります。

フリーリグをソリッドティップで扱うとやや雑めにアクションさせても大丈夫です(笑)

カラーはやっぱり定番のグリパン

カラー定番色の「297 グリーンパンプキン/ブラックフレーク」がオススメです。

297 グリーンパンプキン/ブラックフレーク

次のページでは3つめのワームを解説!

2 / 3
前へ 次へ