ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

小池貴幸が教える!琵琶湖でこれだけはハズせない3つのワーム

琵琶湖のバス釣り完全ガイド

こんにちは!ゲーリーファミリーのコイケです!

小池 貴幸(Takayuki Koike) プロフィール

1985年11月生まれ、長野出身、滋賀在住。ミックバスクラブを拠点に、広大な琵琶湖全湖や霞ケ浦水系で、得意とするパワー&フィネススタイルを駆使してバイトを引きだすテクニシャン系プロガイド。トーナメンターとしても活躍中!スポンサーは、ゲーリーインターナショナル、ダイワ、YABAI BRAND、サラヴィオ化粧品

今回は琵琶湖でこれだけはハズせないワームを3つご紹介いたします!

琵琶湖でハズせないワーム①ハートテール

まず一つめはやっぱりハートテール!


出典:ゲーリーインターナショナル・ハートテールページ

使える時期としてはオールシーズン365日!

特にウィードがそこまで多くない時期に使用することが多くなります。

みなさんもご存知の通り、ウィードの少ない今年の琵琶湖では長い期間活躍してくれそうです。

一番使うのはスイムジグ

一番使用頻度が高いのはスイムジグとしてですね。

僕の場合ハートテールに合わせるのはモザイクジグが多いです。

モザイクジグ

出典:FLASHPOINT

ウエイトは1/2がベース

ウエイトは1/2オンスをベースに深さや速さによって調整します。

浅い所なら1/4オンスも使います。

まっすぐ刺すことがポイント!

スイムジグとしてハートテールを使う場合、反らないようにまっすぐ刺してやることが非常に大切!

まっすぐ引いてくるスイムジグは少し曲がった状態でセットしてしまうと動きがおかしくなってしまいます。

同様の理由から保管の際もブリスターパックでクセがつかないように丁寧に保管しましょう。

ノーシンカーやヘビーDSなんかも使える!

もちろんスイムジグ以外にもノーシンカーでも使えますし、小バスを食っている時期なんかにエビモや浚渫などを狙う場合はヘビーダウンショットリグで使うこともあります。

琵琶湖で使用頻度の高いワームですね!

琵琶湖でのオススメカラー

表層付近で使用する場合や水がクリアなときは「343N/000 ウォーターメロンブルーギル(ノンソルティ)/クリアーラミネート」が効きます。

343N/000 ウォーターメロンブルーギル(ノンソルティ)/クリアーラミネート

表層に魚を寄せて食わせたり、水がキレイなときは圧倒的に威力を発揮します。

ウィードが少ない時期などはボトムの色が茶色っぽいのですが、その色に合わせて「297N/297 グリーンパンプキン/ブラックフレーク」をセレクトするのがオススメです。

297N/297 グリーンパンプキン/ブラックフレーク

水が濁ればチャート系などもありですが、とにかく琵琶湖で釣りをする上でこの2色はハズせません。

次のページでは2つ目のワームを紹介!

1 / 3
次へ