ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

今江克隆のルアーニュースクラブR 第951回「起死回生の一手」の巻

今江克隆(katsutaka imae) プロフィール

株式会社イマカツ CEO。日本最大のトーナメント・JBシリーズにおいて、全てのメジャータイトルを複数回に亘り獲得し、常に頂点に君臨し続けているトーナメントプロ。15年間の商社勤務を経て、2004年、株式会社イマカツを設立。ニッポンのバスフィッシングの中心を走り続けるプロフェッショナルアングラーだ

さめうら湖で危機一髪!?

今週はホンマに鉄壁を誇る自慢の胃壁に穴が空きそうなほど、神経の磨り減った1週間だった…。

まず今週は、以前から久々にTV「ザヒット」のロケが決まっていたのだが、撮影3日前までは余裕だった早明浦ダム(さめうら湖)の水位が突然イッキに急放水、急減水。

収録前日の夜には早明浦ダムのルールの昇降限界水位308.00mまであと20cmと迫り、それでも放水が続く大ピンチ状態に…。

夜中の1時過ぎまで宿の部屋でダム管理水位表示とニラメッコ。

朝イチドタキャンを真剣覚悟したが、なんとか奇跡の復活で朝から夕方まで水位20cmプラスを1日キープ。無事撮影を完了することができたのだが、ロケ翌日朝には昇降アウトの307.90mと、心臓に悪い1日だった。

今回のザヒットのロケは、「レプリケーター」の最終実戦力テストも兼ねていた。状況は喜ばしくない急減水のポストスポーン…。

さて、そんなヒヤヒヤのヒットロケだったが、朝イチからプロトの「レプリケーター」で2本のグッドサイズを狙い通り仕留め、最大の目標をあっさりクリア

幸先よく「レプリケーター」で2本仕留めるが、状況には合ってないのは明らかだった。

余裕のスタートかと思いきや、ここからが大変…。

1 / 4
次へ