ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【キャスティングタイラバのキモ】ダイワ・紅牙開発担当がお届け!

タイラバ特集

キャスティングタイラバの奥の手

古谷さんが「知っている人は知っていますけど…」と話してくれた奥の手をご紹介。

ディープドテラで船の大ドモやミヨシが自分の釣座になった時は、船の進む方向にキャストしてみよう(もちろん胴の間などでは行わないでくださいね笑)。

こうすることでフレッシュなポイントをより先行できるばかりか、ドテラ流しでは自分がキャストした方向へと船が進んでいくので、海中へ入るラインの角度がどんどん変わっていく。

最初は船が進むフレッシュなポイントから斜め気味に引いてこられる

次に船下へ

そして通常の払い出す方向へ。素早くフレッシュなポイントが探れるのと、見せ方を変えることができる

タイラバの動きとしてはキャストしてボトム着底→タッチ&ゴーでは最初は斜め引き、徐々に船下に入りバーチカルに近くなり、再び斜めに払い出していくことになる。

短時間で複数の見せ方ができるのも、このテクニックの大きなポイント。これが効果的な日も多いのだとか。

また、こうした見せ方ができるからこそ、最初の3、4往復のタッチ&ゴーはメチャクチャ大事。アピールができてもタッチ&ゴーがうまくいかないとマダイに見切られてしまうので、超集中のしどころなんだとか!

皆さんの釣座が大ドモやミヨシであったら、ぜひ試してみてください!

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!
2 / 2
前へ