ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

加木屋守・マーモ「CAST TO GLORY」#8 リーズ撃ちにはリボルテージのバックスライド系!!

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」
毎週日曜日配信!

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

#8 リーズ撃ちにはリボルテージのバックスライド系!!

皆さんこんにちは‼︎マーモです♪

ゴールデンウィークもいよいよ終盤ですね。

僕はゴールデンウィークすべて長良川に浮いていました(笑)

カバー撃ちの季節が到来!!

そんな長良川ですが、いよいよ僕の大好きな釣りでもあるカバー撃ちの季節が到来。

先日はリーズのエグレ撃ちでナイスバスを捕獲するなどと楽しい釣りを展開できています。

リーズ撃ちにはリボルテージのバックスライドワーム!!

リーズ撃ちで使用するのがリボルテージのバックスライド系ワーム。

僕自身が開発に携わらせていただいたワームなのですが、フラットなボディ形状のワームでより水を受ける面積が大きいためゆっくりゆっくりとバックスライドをしてフォールしていくワームになります。

そしてただのフォールだけではなく、スカートの様な爪があることによりフォール中にフワフワと自発的アクションしてくれるのも要素の一つです。

そしてこのフラット形状のワームは回収する時にワームがクルクル回転してしまってイトヨれがかなりおこってしまうのですが、このリボルテージのバックスライドワームに関しては極限まで回収時は回りにくいような形状に仕上げることが可能となりました。

よりストレスなくカバーに撃ちこむことが可能なバックスライドワームです。

これから夏にかけてはちょっとしたシェードにバスが付くことが多くなるのですが、そういったちょっとしたシェードでもフォールの滞空時間を長くすることによってよりバイトチャンスを増やせるワームです。

アクションはフォールが基本

アクションとしては基本的にフォールがメインとなりますが、ボトムに付いてから少しトゥィッチさせてエビが跳ね上がるようなアクションを出すのも有効な技ですよ‼︎

発売はもう少し先になりますが、夏までには間に合うかと思いますのでこの夏は皆さんも是非このリボルテージのバックスライドワームでカバー撃ちを楽しんで下さい♪