ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

がまかつ・ラグゼから『バチコン』ロッド「ラグゼVCチューン」が登場するぞ

平成から令和。

へいせいかられいわ。

平仮名を組み替えてみると…われらいいせかいへ。

というわけで、「我らをイイ世界へ」連れていってくれるような、軽量&高感度のバチコンロッドがラグゼから登場、それがラグゼVCチューンです。

……ちょっと無理やりでしたね(笑)。

出典:がまかつ

バチコン=バーチカルコンタクト

バチコンとはバーチカルコンタクトの略で、オフショア(ボートフィッシング)で、ダウンショットやキャロをメインに、その名の通りバーチカル(縦)に魚にアプローチしていくものです。

元々はナイトゲームにおける「アジ」を対象としたものでしたが、オモリやリグを変えると、例えばデイゲームでのロックフィッシュも狙えるなど、その守備範囲の広さが受けて広がりを見せている釣り方です。

出典:がまかつ

そんなバチコン専用ロッド、VCチューンの特徴を、がまかつさんに聞いてみたのでまとめてみます。

ヘビーウェイトでも失われない軽快感

聞いたところによると、まず圧倒的な軽量感があるそうな。スピニング2機種が85g、ベイト1機種が96gと数字的にも100gを切り軽いのですが、実際にリールをセットして持った時の持ち重り感がなく、数字以上に軽快感がある。

オモリ15号、20号となった時にも操作感が失われることがないそうです!

出典:がまかつ ラグゼVCチューンB-65MHの穂先

本体チューブラー全層にトレカT1100G採用、穂先も繊細化され、軽く高感度なロッドになっているのはもちろんですが、バランスも非常に優れたロッドといえそうです。

ズバ抜けた反響感度

繊細な穂先に現れる変化はもちろんな上、体感してほしいのは反響感度だといいます。リールシート内部は中空リザウンド構造。これも相まって反響感度がズバ抜けてよい。手を直撃するような感度を表現してくれるそうですよ!

出典:がまかつ ラグゼVCチューンS-65MH

ギガ、テラアジ問題なし!多彩な魚種も狙える

トレカT1100Gの素材特性から、触ってみると若干硬い感じもするが、魚を掛ければ驚異的な粘りでキレイに曲がり、魚の引きとケンカすることなく上げちゃいます。

実際に、大型のアジはもちろん、さらにはデイゲームでのアカハタ、オオモンハタ、オニカサゴやアマダイなどでも、やりとりに不安なく上がっているのだそうです。

VCチューンのスペックは次のページ
1 / 2
次へ