ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

諸富真二のめっちゃ若獅子!! 第3回「若獅子、付き場を変えました♡の巻」

連載:諸富真二のめっちゃ若獅子!!

みなさんこんにちは!琵琶湖の若獅子です!

諸富真二(Morotomi Shinji) プロフィール

1990年3月生まれ、滋賀在住。シャロー&カバーゲームを得意とし、独自の観点から生まれたアプローチを駆使してデカバスと渡り合う、「琵琶湖の若獅子」。新進気鋭のフルタイムプロガイド。

若獅子、付き場を変えました💓

ここ最近の若獅子!!

バスと同じで居場所を変えてる最中ナウ。笑

GW真っ只中に引っ越し作業をしながらガイドをしているという…

常人では考えられないようなめっちゃアホな日々を過ごしております。笑

やっぱりウィードがない…

そんな感じでガイド漬けの日々を送っている訳ですが…今年の琵琶湖を一言で言うと。

『ウィードがない。。。』

・・・ハーイ🙋‍♂もう聞き飽きたわ!!

というそこのアナタ!!

でもやっぱりこの話題になってしまうんですわ…。w

但し、ウィードが少ない事により今年は『例年とは違った釣り』が威力を発揮してます。

例年とは違った今年の釣りとは…?

この春を釣っていく上で重要なキー❗️❗️

それは…今までウィードのせいで『出来なかった釣り』と言うのがありました!!

…それが【ヘビキャロ】。

そう!ボートからではすぐにトロロ藻が付いたりして使いづらかったリグの一つ。

皆さん!!今まで『サスペンドした魚』を釣るのにノーシンカー、フリーリグあるいはジグヘッドに頼っていたでしょ??

ざっと各種の特徴を挙げときます。

◼ノーシンカー…水深のある所ではかったるい。風が吹いたら終了。
◼フリーリグ…『横の動き』といよりは『縦の動き』が強く、使用するルアーも限定される。
◼ジグヘッドミドスト…『喰わせ要素』は最強。但し、釣り人のレベルに左右される。
また、濁りに対して弱い。

そう!ヘビキャロの最大の利点。

それは…

『喰わせ』と『リアクション』をリーダーやソフトベイトを変える事により両立できるトコロ。

で今使ってるのはこのブツ↓↓↓

レディーバランス+14gシンカー

低比重かつ、細長いレディーバランスを使うことにより漂い感とキレのあるアクションによりリアクション効果を生み出せるのが最大の特徴。

使い出だした初日から…。

どデカイの連発!!

『やっぱあるやん!』って感じでした。

例年には無い喰わせ方を見つけて今現在、テンションアゲアゲな若獅子です。

とりあえず更にもうちょい使いまくってから再度、レポートしてみようと思います。

最後に…GWは非常に多くの人で混雑します。

ルール、マナーを守って気持ちよく釣りしましょうねっ!

それではっ( ^∀^)