ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

オカッパリバス釣り釣果テッパンルアー紹介【キッカーバグのフリーリグ・ワイルドハンチほか】寄稿by中谷大智

中谷式! 春のオカッパリ・おすすめのワーム&リグ

① キッカーバグ4inchのフリーリグ

フリーリグの良いところは様々なシチュエーションで使いやすいこと。持ち歩けるタックルの量が限られるおかっぱりで、各シチュエーションに合わせてリグを変えていくのは結構面倒ですよね。フリーリグはちょっとしたカバーから沖のブレイクまで幅広く使用できるので最近の私のお気に入りです。

さらに、組み合わせているワームも便利ワームのキッカーバグ4インチ。

キッカーバグは甲殻類も演出できますし、カラーやアクション次第ではギルにも見せることができるので、こちらも私のお気に入りです!

 

エバーグリーン公式キッカーバグ4inch詳細ページはこちら

 

出典:YouTube「バスフィッシングチャンネル中谷式」

 

ロッドは、ヘビーロッドでソリッドティップのファクト70HST。かすかなバイトも逃さないヘビーロッドです!フリーリグだけでなくテキサスリグ、ジカリグもこなす、私にとっては無くてはならないロッドです♪

出典:YouTubeチャンネル「EverGreenFishing」

 

 

② ベイトフィネスタックルでのC-4ジグ+アントライオン

このルアーは「ピクニック日和」に必要ルアーです(笑)。 ここで言うピクニック日和と言うのは、晴天の無風の状況のこと。

こういった日はバスにとっても暖かく心地よいはずなのですが、気圧が高くなるとあまり動き回らずカバーの下でボーッと浮いていることが多くなります。

そういったバスにテキサスリグやラバージグを入れ込んでも、中々口を使ってくれません。

そんな時に出番なのが軽めのスモラバでベイトフィネススタイルでのアプローチ。

表層付近で浮いていることが多いので軽いリグで繊細にアプローチしたいのですが、カバーの中なのでルアーの存在感もしっかり出したいところ。

 

そこでワンポイント。トレーラーのワームをヘッドの際まで差し込むではなく、ワームキーパーまでで止めてセッティング。ほんの少しシルエットが長くなるだけという違いですが、ルアーに対する気持ちの入り方は大きく変わりますよ♪

エバーグリーン公式アントライオン詳細ページはこちら

エバーグリーン公式C-4ジグ詳細ページはこちら

 

ちなみにロッドはファクト66MST。ラインが枝に絡んで一直線になっていなくても明確にバイトを伝えてくれる優れたロッドです♪

 

 

③ツインテールリンガーの ネコリグ

春の最終兵器はツインテールリンガー。特にスポーニングを控え神経質になったバス達に、ルアーが存在するだけで口を使わせてしまう魔法のワームです。私はネコリグの放置でよく使用していますが、ジグヘッドワッキーやダウンショット等の様々なリグに対応するので、ぜひお守りとして持って行かれることをおすすめいたします。

 

エバーグリーン公式ツインテールリンガー詳細ページはこちら

 

神経質なバスに対してラインをソフトに扱いたいので、ロッドは繊細なソリッドティップを持つFACT65ULST。ルアーを柔らかく自然にアクションさせることができます♪

出典:YouTubeチャンネル「EverGreenFishing」

 

 

番外編・オカッパリ・おすすめアイテム

B-TRUEバンクスタイルヒップバッグ

「春は日替わり」とも言われ、様々なパターンが存在する春のバスフィッシング。当然、持って行くルアーも種類が多くなってしまいます。そんな時には「バンクスタイルヒップバッグ」。

このバッグは、おかっぱりが快適になるバッグです!私にとっては、すっかり手放せないバッグとなりました♪

エバーグリーン公バンクスタイルヒップバッグ細ページはこちら

 

以上、春のオカッパリのオススメルアーなどをご紹介させていいただきました! ぜひイイ釣りしてくださいね!

2 / 3
前へ 次へ