ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

リザーバー攻略のための食わせ&リアクションルアー選択と使い方【寄稿by山出篤】

皆様初めまして。三重県近隣のリザーバーをメインにバスフィッシングを楽しんでいる山出篤と言います。

今回は春のリザーバーでイイ思いをさせてもらっている釣り方をご紹介させていただきます!

山出 篤(Yamade Atsushi ) プロフィール

高山ダムなど三重県近隣のリザーバーに足繁く通うアングラー! 三重、奥伊勢、布目チャプター、JB津風呂湖などのトーナメントにも参戦中!

 

春はシャローが超アツ! 1番意識して狙うのはショアラインから水中に深く入っている倒木やレイダウン

春はスポーニング絡みのバスが1番シャローに差してくる時期。

シャローへ上がりたいバスはショアラインの一段下にある、「コンタクトポイント」を経由しシャローへ上がってきます。

このコンタクトポイントとは水中の大岩であったり、スタンプであったり様々ですが、私が1番意識して狙うのはショアラインから水中に深く入っている倒木やレイダウンなんです。

バスは何かに寄り添いながら水温上昇時やフィーディングの為にシャローへ上がったり、1段下へ落ちたりを繰り返します。

 

そんな状況の中で、有効な食わせリグとなっているのがトーナメントクローラー5.5inchのネコリグ。

一方、リアクション狙いならワンテンR+2やワンテンR+3、濁りが入っている状況ならスピナーベイト「V9」が有効です。

それではここからはそれらのルアーの使い方を少し詳しくご紹介させていただきます!

 

 

春の食わせで多用しているトーナメントクローラー5.5inchのネコリグの使い方

まずはトーナメントクローラー5.5inchのネコリグの使い方ですが、レイダウンなどの1番岸側からレイダウンに沿わすようにスイミング気味にダウンヒルに落として狙います。そして、これに反応がなければレイダウンの1番深い部分へアプローチしシェイク&ハングオフで狙います。

このアプローチでバスが浮き気味なのか、ボトムについているのか判断もある程度できます!

トーナメントクローラー5.5インチのネコリグで

メガバス公式トーナメントクローラー詳細ページはこちら

 

トーナメントクローラーのネコリグ!トーナメントクローラーは5.5インチがメイン!ワッキーチューブが必須

この釣りは感度も重要なので、私は高感度系フィネスロッドのデストロイヤーSP   F1-61XS (リカオン)を多用しています。

メガバス公式デストロイヤーSP   F1-61XS (リカオン)詳細ページはこちら

 

 

 

食わせが効きづらい時にはワンテンR+2や+3をジャークさせて何かに当ててリアクション狙い

また春の特徴としてバスが気難しく、なかなか食わせのアプローチに反応しない場面が多々あります。この場合、ワンテンR+2や+3でジャークし意図的にレイダウンに当ててリアクションを狙います。

ワンテンR+2や+3は潜行深度が深く、リップが長いためカバー回避能力も高く、非常にリザーバーで重宝するルアーです。

 

奈良県津風呂湖にて、トーナメントのプラ中にワンテンR+3で67㎝・5200gのキャッチに成功!

また濁りが入っている状況では、よりアピール力の高いV9で狙っていく感じです。

 

1 / 3
次へ