ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ブイブイリグなど3種のライトリグが有効!春の琵琶湖ビッグバス攻略法【寄稿by下敷領信也】

ビビッドテールとバスエネミーのスプリットショットリグ

ワームから離してガン玉シンカーをセットするリグ。ノーシンカーリグをボトム付近で扱いやすくするためのリグと考えると、イメージが掴みやすいかと思います。
フックからシンカーまでのリーダーの長さでアクションを変えられます。クイックな動きを出したい場合はリーダー部分を短く、ノーシンカー状態のようにワームを漂わせたい場合はリーダー部分を長くとります。

この時期、リーダーの長さは30~40cm前後を基本としています。
使用するワームは「ビビッドテール」、「バスエネミー3.5インチ」。

昨年、この時期に両方を試した感じではウィードが少ない時期(背が低い)は「バスエネミー3.5インチ」での反応がよく、ウィードが伸びてくると「ビビッドテール」が良かったように思います。ビビッドテールは重量も重くないのでウィードに乗せるイメージで使用するのも効果的です。

・ビビッドテール

シャッドテールのピロピロアクションが特徴で、この時期に欠かせないアイテムの1つ。
張りのあるボディはウィードにも強く、ウィードに当たってフックがずれることが少ないため、効率よく狙うことができます。

・バスエネミー3.5インチ

小刻みに揺れながら水平垂直フォールと極薄テールの微波動でアピール。
ダートをさせた時の水押しアクションが強いのも特徴。

ビビッドテールとバスエネミーのオススメのカラーセレクト

基本的には「濃い」or「薄い」でセレクトしています。
ビビッドテール
「スカッパノン」、「グリーンパンプキン・BK」、
「ブルーギル」、「プロブルーシュリンプ」
「アユ」、「マッディークロー」、「ゴリ」のツートンカラーでカラーの明滅でのアピールも効果的。

 

バスエネミー3.5インチ
「スカッパノン」、「グリーンパンプキン・BK」、「グリーンパンプキン・BL」、
「ヌマエビ」、「メルティシャッド」
が僕の中で実績の高いカラーですが、ご自身で「釣れそう!」というカラーからお使いになるのが集中力も維持できるのでオススメです。

スプリットショットリグのアクションは・・・

ドラッキングで狙うため、ネコリグで紹介したアクションと同様でOKですが、
ズル引きのみでも反応したり、ジャークベイトのジャークのようにやや強めにショーとジャークが効く時がありますので、様々なアクションを試しながら反応を見るようにしてくださいね。
ネコリグとの使い分けですが、ウィードが少ないエリアや背が低いエリアはネコリグで、ウィードが多いエリアやウィードに高さが出てくるとスプリットショットリグを多用します。
スプリットショットリグはウィードレス効果も高いためで、ウィードの上、隙間、アウトサイドなどを効率よく狙うことができます。

 

スプリットショットリグでのシンカーセレクト

ガン玉シンカーの4Bを基準として、3B、5Bをセレクトしています。
フワフワさせたい時、ウィードの上に乗せたい時は3Bを、風が強い時やボトムをしっかりととる時は5Bで。
スプリットショットリグはシンカーをラインに挟み込み固定するので、ラインに傷がつきやすく、ラインブレイクの危険性が増します。
少しでもこのリスクを回避するために”ゴム張りタイプ”のガン玉シンカーの使用をお勧めします。

 

・スプリットショットリグでのタックルセレクト

ロッド:フェイズPCSS-65M スムーズトルク
ライン:バスザイル・マジックハードR 6lb
ルアー:ビビッドテール、バスエネミー3.5インチ(ガン玉シンカー3B-5B)

ロッド:ヘラクレス HCSS-64ML ブラックレギウス
ライン:バスザイル・マジックハードR 6lb
ルアー:ルアー:ビビッドテール、バスエネミー3.5インチ(ガン玉シンカー3B-5B)

 

2 / 4
前へ 次へ