ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【城北ワンド】大阪のメジャー河川「淀川(大阪)」の人気ワンド群を実釣生レポート【寄稿by一拓也】

こんにちは!YouTubeはじめちゃんねるの一拓也です!

今回は春めいてきた大阪の都市型河川バス釣り場「淀川(よどがわ)」の人気スポット「城北(しろきた)ワンド」をチェックしてきたので、状況をレポートさせていただきます!

一 拓也(Takuya Hajime) プロフィール

大阪市内を流れる淀川(よどがわ)がホームグラウンド。淀川以外にも、気になる野池や川などをヒマさえあればランガンチェックするのが日課なオカッパリ好きアングラー。

 

城北ワンドってどんな釣り場?

城北ワンドというのは、淀川の本流とつながる、多数の池のようなワンド群で、そのワンドの数は10数個ほどで形成されています(台風や工事でけっこう変わります!)。


ワンドは本流とつながっているものもあれば、完全に独立状態でのようなワンドもあります。
またワンドによっては台風や工事で、地形やエリア拡大もあったりする釣り場です。

 

この日は、数時間の釣行でしたが、確実に春が進んでました!

3月は水温も高く今年の春は早いかな?と思ってたんですけど、中旬の寒波と雨で遅れてました!

 

それが4月に入りどんどんと気温が上昇するにつれて、本流からのバスがワンド内に入りスポーニングエリアを探す行動が見られました!

 

5番ワンドの本流からワンドに入りやすい水路から、回遊&スポーンエリアを探しやすいヘラ台をメインにチェック

 

この日、ランガン出来るほどの時間的余裕がなかったので、エリアを絞り、5番ワンドの本流からワンドに入りやすい水路から、回遊しやすく、スポーニングエリアを探しやすいヘラ台をメインに回りました!

 

台の下や杭周りで子バス〜40後半が接岸しながら回遊

すると、台の下や杭周りで子バス〜40後半が接岸しながら回遊してるので、杭にそわしてエグジグトレーラーのショートリーダーダウンショットで、細かくシェイクしてると、ラインが走りフッキング!


ジャクソン公式エグジグトレーラー詳細おエージはこちら

 

 

杭に巻かれたけどPEスピニングセッティングのおかげでキャッチに成功

杭周りとゆうことで1度は巻かれたのですが、PE1号にフロロの6ポンドのセッティングで、切られてたかもしれないライトフロロタックルではなく、PEを組んだセッティングが、間違いなくキャッチできたメリットです!

 

竿はBBS-64Lで、しなやかかつ粘り強さもあるロッドを選択する事で、シェイクの細さ、やり取りの立ち回りが抜群に良いです!

ブラストビーツBBS-64L

 

 

是非ご参考に、春の城北ワンドを釣って見てください!

 

この模様は、はじめちゃんねるでも公開するので、覗いて見てください!

よろしくお願いします!以上、淀川情報でした!

1 / 2
次へ