ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

山田ヒロヒトWEB連載「ヤマラッピワールド」第1回「プロアングラーとしての自分の原点、そしてこれから…」

連載:山田ヒロヒト「ヤマラッピワールド」

毎月20日に配信(月イチ連載)

山田ヒロヒト (hirohito yamada) プロフィール

バックドリフト、ノーテンションソフトフォールなど、新たなエギングの扉を開き続けるエギンガー。2016年年末に、それまで23年勤めた会社を退社、2017年よりフルタイムのプロアングラーとしての活動を開始。これまで通りエギング関連アイテムの開発を続けるほか、イカ係長とフィッシングブランド「NUTS & VOLTZ」を立ち上げるなど、活躍の場を広げている。なおアオリイカの自己記録は屋久島ロケ中に捕獲した4280g。1968 年7月生まれ、大阪府出身、奈良県在住。趣味はスノボと一眼レフカメラ撮影。

  

 

連載1発目のテーマは、「プロアングラーとしての自分の原点、そしてこれから…」

さて、ルアーニュースRでのWEB連載が始まりました!!

久々に原稿書くので、なんだか新鮮ですね。

わたし山田は23年勤めた会社を3年前の2016年に退職し、今はプロアングラーとして釣り一本で勝負、生活をしています。

 

プロアングラーの世界というのは、飛び込む前から厳しい世界だとは思っていましたが、まぁ実際、キビしい世界です。

ただ実際にやってみると、こんなに楽しい職業ない!ということも実感しています。

ぜひ、私の後に続いて欲しいと思っている次第です。

さて初回なので、ちょっと過去からの経緯も含めて少し話を進めていきます。

DVDラッピスタイル2のロケ時の写真。屋久島でレッドモンスターを徹底追跡!

 

2019年ジャパンフィッシングショーのダイワ―ブース

 

 

幼少の頃から釣りをしていましたが、本気でハマった最初の釣りはバス釣り!
ハマってしまうと極めないと気が済まない性格なので…

私の釣りとの出会いは、けっこう早かったです。

幼少の頃に野池でフナ釣りをしたり、川で鯉釣りをしたり、防波堤でサビキでアジ釣りをしたりと、いろんな釣りをして来ました。

ただ本気で釣りにハマったのはバス釣りが最初です! だいたい20歳ぐらいの頃なので、もう30年も前になりますね。

私自身、何事にもすぐにハマる性格で、ハマってしまうと極めないと気が済まないのか⁉ 狂ったように必死になります。

釣り以外にも当時は趣味でどハマりしたのが、スノーボードで、これもプロになろうと一時は血迷いはしましたが、流石に諦めました(笑)。

 

バス釣りのハマり度はエスカレート!
オカッパリ→ゴムボート→エレキ船→エンジン船→トーナメント→会社で年間シリーズの釣り大会を主催!

話を戻すと、バス釣りへのハマり方は、どんどんエスカレートしていきました。

最初は陸っぱりだったんですが、しばらくしてゴムボートを購入しボート釣りの世界へ。

当然そこからジョンボート12ftを購入しエレキを装着!

さらにステーサーの12ftを購入して15馬力エンジンを搭載。

それからはトーナメントにも興味を持って、琵琶湖でのNBC湖南チャプターや青蓮寺湖、布目ダムでのNBCチャプターにまで出場する始末。

 

さらに当時勤めていた会社で大会を開催。年間シリーズ戦まで主催して楽しんでました。

 

30歳ちょいの頃に現コアマン代表の泉  裕文くんと出会いシーバス釣りをはじめることに!

そんな中、30歳を越えたくらいで、シーバスの泉くん(現コアマンオーナー)と出会い、シーバスフィッシングを始めることに!

 

岸壁ジギング友の会を結成

当時、岸壁ジギングを泉くんが考え出した頃。

シーバスって釣るのが難しいと思っていたのが、岸壁ジギングで釣るととんでもなく釣れたんです!

そこで岸壁ジギング友の会を作って、みんなでこの釣り方を日本全国にひろめて行ったのを思い出します。

 

 

泉くんに誘われて淡路島にエギングに行くことに!そこからSWゲームの世界にドップリとハマることに!

そんな流れで、泉くんと仲良くなり、ある日、エギングをやらないか⁉ と誘われて淡路島に行くことに!

そこから、わたくし山田はドップリとソルトの世界にハマっていくこととなります。

 

エギングをはじめて間もない頃、重見典宏さんとの出会い、これが今の自分を作る上での運命的な出会いになりました

エギングを始めて間もなくして、重見典宏さんと出会う事になります。これが今の自分を作る上での運命的な出会いとなります。

山田ヒロヒトFacebookページより「20年前、初めて会った時って、こんなだっけ?喋りかけた自分を褒めようそして今がある、何事も勇気誰だかわかりますよね、皆さん!」

 

毎週のように重見さんに誘われては遠征! さらに自分から誘っては遠征! エギングを楽しむために日本全国に出かけました

毎週のように、重見さんに誘われては遠征! さらに自分から誘っては遠征! エギングを楽しむために日本全国に出かけました。

 

 

その当時はまだまだ、エギング自体は一般的には広まっていない頃でした。

そんな中、高知、愛媛、伊豆、山口、新潟と、車を走らせて毎週末、エギングに出かけたものです。

個人的には、甑島、五島列島、屋久島、と大型連休になると、釣り仲間で遠征したものです。

 

重見さんには徹底的にエギングを! そしていろんなアウトドアでの遊びを教えてもらいました

徹底的に重見さんにエギング、いやそれだけに留まらず、川、海などいろんなアウトドアでの遊びも教えてもらいました。

 

そんな活動の中、エギングって、刺激的で、なんて楽しい釣りなんだ!と思うようになりました。

 

エギングにハマり、エギングの大会に出まくることに! そこで優勝や上位入賞を連発しているとメーカーさんから声がかかりテスターに!最初はサラリーマンとテスターの両立は楽にできていましたが…

その後、エギングの大会に出まくることになります。

そこで優勝したり上位入賞を連発していると、メーカー様から声をかけて頂きました。

そりゃ、うれしくて軽い気持ちでテスターを始めました!

通常の会社員をしながらのテスターとしての活動を始めたわけですが、テスターを始めた頃は時間的な余裕も全然あって、プライベートの釣りも、今までどおり楽しむことができていました。

 

2004年秋に日本海で行ったロケ時のモノ

 

 

2008年秋に和歌山県の湯浅の沖磯でロケ時のモノ! 若い(笑)

 

 

2011年にダイワさんに移籍したあたりから、サラリーマンとテスターの両立が困難に…

そんな中、今から8年前の2011年、ダイワさんに移籍したあたりから事情が変わってきました。

 

週末のストアイベントや、全国で開催されるフィッシングショー、大会等、取材など、釣りの仕事が一気に増え、プライベートの釣りに行けなくなりました。

エギングのロケにはかろうじて行きはできたとしても、満足に睡眠時間がとれなくなり、心身ともに疲れ果てていったんです。

ダイワに移籍後、間もない頃にルアーニュースで取材してもらった動画

 

 

サラリーマンとテスターの二足の草鞋の生活に、限界を感じて3年前の2016年にプロアングラーになることを決意

仕事を優先し釣りの今の立場を捨てたとしたら一生後悔するだろうと考えて、大好きな釣りを仕事にすることに!

そんなサラリーマンとテスターの二足の草鞋の生活に、限界を感じて3年前に釣りだけでやっていこうと決めることになります。

普通なら、この時、仕事優先の道をとるはずですよね(笑)。

私の場合は、仕事を優先し釣りの今の立場を捨てたとしたら一生後悔するだろうと考えて、大好きな釣りを仕事にしていくことにしました。

プロアングラーになってから始まったDVD新シリーズ「ラッピスタイル」シリーズ。2019年秋に第3弾が登場予定。お楽しみに!

 

 

今は全く後悔していないし、むしろ最高の人生になっていると、目一杯楽しんでいます。

今後も苦労はするとは思うのですが、全力で今サポートしてくださっているメーカー様と良き製品を提供していけるように、日夜なるべく現場に立ち、現場からの目線で、現頑張っていこうかと思いますので、応援よろしくお願いします。

 

1 / 3
次へ