ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ビッグM7.5 】サトシン塾の塾長・サトシン佐藤信治が水深7.5mをカバーする超スーパーディープビッグクランクを生解説

サトシン&メガバス伊東由樹が完成させた超スーパーディープビッグクランクなのがメガバスから登場の「ビッグM7.5」。

佐藤 信治 Sato Shinji プロフィール

琵琶湖プロガイド、サトシン塾の塾長で愛称はサトシン。年間を通して出動数の多い琵琶湖のプロガイドとして長年活躍を続けている。独自のストロングスタイルを貫きながら、バスフィッシング本来の探す楽しさ&奥深さを追求し続ける人物。愛知県江南市のプロショップ「セントラル」の店長もつとめる。

 

 

ビッグM 7.5【Megabass】
BIG-M 7.5

2019年4月登場予定

琵琶湖でサトシン塾を開いているサトシンこと佐藤信治さんプロデュースモノとして新たに登場するのがビッグM7.5。

 Length: 114mm

Weight:2oz.

Type:Floating

価格:¥2,400税別

ちなみに2018年は水深4mを引けるマグナムクランク「ビッグM4.0」が登場して、注目を集めていたけど2019年は水深7.5mレンジを引けるディープマグナムクランクとしてビッグM7.5が登場するというわけ!

 

さてこのビッグM7.5だけど、どんなルアーなのか? ひとことでいうと「低重心フラットサイドボディ」をベースとしたスーパーディープクランク!

通常リトリーブで何と7.5mのスーパーディープに到達させることができるんだけど、さらにいうとビッグクランクの最大デメリットだった、思い引き抵抗を徹底的に軽減されているのも特筆するべき特長!

 

 

今回はサトシン佐藤信治さんがそんなビッグM7.5を動画で生解説してくれました!

出典:YouTube LureNews.TVチャンネル

1 / 3
次へ