ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ラグゼムービー】五十嵐誠プロが霞ヶ浦でNEWロッド「ゼフィロス」を操る

春のバス釣り特集

ラグゼのバスロッド「ゼフィロス」を使ったラグゼムービーが公開されています。プロデュースした五十嵐誠プロが実釣を通してゼフィロスのコンセプトを語っています。

五十嵐 誠(Igarashi Makoto) プロフィール

五十嵐誠 makoto igarashi 1985年生まれ、落花生の名産地・千葉県八街市出身。 野尻湖、河口湖、桧原湖、亀山ダムでプロガイドとして活動中。 ちなみに… 昨年まで、長きにわたってJBトップ50メンバーとして大活躍。 今年は一旦、トップ50参戦を休止中。2019年より自身の新ブランド『FOLLOW』を展開

出典:がまかつ

ゼフィロスが目指したのは「丁度よさ」。言い換えれば無駄のない実用性といったところでしょうか。

余計にパワーがあるとか、余計にフィネス過ぎたりしない、必要な性能が必要な分だけキッチリ詰まったようなロッドなのです。

出典:がまかつ

日本全国どこへ行ってもある程度使えます的な。何かひとつの釣り方に特化した専用機ではないけれど、その守備範囲の広さが特長といえます。

五十嵐プロから語られた使用感

ムービーの中で実際に使用していたゼフィロスの中で、五十嵐プロの言葉を借りて、いくつか特長をカンタンにまとめます。

S61L-Fはネコリグ、ジグヘッドワッキーの操作に長けたモデル。ソリッドだと竿先が優しく入っていきタタキにくいということで、ティップにある程度力を持たせたチューブラーになっているそうです。

B66MH-Fはスピナーベイトにライトテキサスもいける機種。ほかに軽めのフットボールもいけるな、みたいな感じなんだそうですよ。

チャターのB65M-Rは、グッてきてグググッ…ってきてからちょっと遅れてアワせるみたいな、乗せ調子の巻きモノにピッタリ。軟らかさがものスゴく丁度イイ感じで、ちょっと重めのベイトネコなんかでもイイ感じ。

これらを含めて、ゼフィロスはベイト4機種、スピニング5機種の計9機種。次ページで簡単にスペックなどをまとめておきます。

1 / 2
次へ