ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ラグゼ・コヨーテで宮川靖が堤防ライトショアジギング

ラグゼムービーが公開されました。

宮川靖さんが沖堤防からのライトショアジギングで青物を狙っています(ロケは2018年11月)。

出典:ラグゼムービー

ラグゼのライトショアジギングロッド「コヨーテ」を使用しての実釣。

ラグゼ・コヨーテ製品紹介ページ→コチラ

宮川さんによるコヨーテの解説

宮川さんがムービーの中で話していたのは…。

とにかく強度が高い
一般的なシーバスロッドと比較すると、その「強度の高さ」が挙げられるという。ブランクスが厚めで、ガイドはすべてダブルフット。

湾岸で青物を狙う時に、シーバス用の重めのスピンテール、メタルバイブも扱いやすいそう。

粘りがあり曲がる
硬すぎず「粘り」があって曲がる竿で、そのためにティップもある程度入るので、アタリも弾かない。

20~30gほどの軽めのメタルジグもしっかりウェイトがバットに乗って投げられる。M、MH、Hの3アクションだが、もちろんHでは40~65gなど重いメタルジグなどもバッチリ。

青物がメインにさまざまなターゲットとなるが、オーバースペックすぎない丁度イイ感じで、一日使っていても疲れない。

さまざまなターゲットに使える
「ちょっと強い粘りのあるシーバスロッドみたいなイメージ」。ということで、ムービーの中ではタチウオも釣り上げていました。さまざまなターゲットに使えますよ。

1 / 3
次へ