ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ツインSP-M・MH】がまかつラグゼが「バラシ0」へ挑戦したNEWコンセプトフックをご紹介!

「バラシ0」に挑戦した がまかつラグゼのNEWフック!

今年がまかつラグゼから、トレブルでもダブルでもない「ツインフックシステム」を採用したルアーフック、【ツインSP-M(スプロートベンド-ミディアム)】と【ツインSP-MH(スプロートベンド-ミディアムヘビー)】が新たに登場します!

2019年 夏頃 発売予定

最大のコンセプトは魚がバレにくいこと!

そもそもバラシは、魚が首を振った時にルアー自体の重みでフッキングポイントに負荷が掛かることで、魚の身を裂いてしまうことが原因で起こります。

そこで! ツインフックシステムを採用することにより、バラシが大幅に減るんです!

ツインフックシステムって?

シングルフック2つをチューブで束ねた構造

1本1本の針が自由に動けることで、魚が暴れてもフッキングポイントに掛かる負荷が緩和され、魚の身が切れにくくなるんです。

さらにニ次フッキングが少ないので、魚への余計なダメージが軽減されます!

警戒されにくいという特長も!

ツインフックは、トレブルと比べてフックがボディに当たりにくく音をたてない為、警戒されにくいという特長もあります。

プラグへのセッティングは㊦写真のようにすると良いのだとか!

 

では、【ツインSP-M】と【ツインSP-MH】それぞれを見ていきましょう!

1 / 3
次へ