ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【FACTフラップクロー3.3インチ】福島健プロデュース!フラップクローに食わせ力の高い新サイズが登場

春のバス釣り特集

超こだわり派アングラーとして知られる福島健さん。

福島さんははエバーグリーンのファクトブランドから、自身のこだわりの詰まったルアーやロッドなどを続々と発表しています。

 

さてそんな福島健さんがトーナメントで勝つために生み出したクローワームなのがフラップクロー4inch。

出典:YouTube LureNews.TVチャンネル

 

フラップクローで福島さんが一番こだわったのが、ツメのデカさ!

実はフラップクローのツメはボディよりも大きくかつ分厚くデザインされているんです。

福島さんが狙ったのは、ボトムに倒れ込む時の水押しのデカさ!

大きいツメで力強くブワっと倒れ込ませるのが、経験則からくる釣れる秘訣とのことでした。

 

さて、そんなフラップクローですが、2019年は新たなサイズが登場予定なんです。それは…

FACTフラップクロー3.3インチ

2019年4月下旬登場予定

フラップクローに2019年より食わせ力や汎用性の高いダウンサイズモデル、フラップクロー3.3インチが登場予定。

1パック6本入り税別850円

 

エバーグリーン公式フラップクロー3.3インチ詳細ページはこちら

4インチはフットボールジグやスモラバのトレーラーには大きすぎな感じもしたけど、この3.3インチはトレーラーワームとしてもバッチリ!

ちなみにワームって普通ダウンサイズさせる場合、パーツなども同じ比率でサイズダウンすることが多いけど、このフラップクローの場合は、各パーツの大きさは、福島さんの意向で3.3インチと小さくなっても、ある程度の大きさを維持させているそうな!

 

福島さん的にはあまりパーツが小さすぎると、アピールまで小さくなるので、それは避けたかったとのこと!

さて、3.3インチは前述したようにトレーラーワームとしての使用だけでなく、もちろん直リグやライトキャロ、ライトテキサスなど単体使いでも高い実釣力を持つワーム!

 

使用頻度が高くなりそうですね!

 

4インチと3.3インチの比較

 

 

カラーは全10色

 

 

フラップクロー3.3インチについては、福島さんご本人に動画で解説していただいたので、ぜひチェック!

出典:YouTube LureNews.TVチャンネル

エバーグリーン公式フラップクロー3.3インチ詳細ページはこちら

発売が楽しみですね!

 

1 / 2
次へ