ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ショアヒラメ・遠浅サーフ攻略法【ギャロップアシスト&同スローフォールとアスリート12SSPを使ったタテと横の誘いで攻める】寄稿by菰田淳史

人気のショアヒラメ攻略法をご紹介

こんにちは!菰田淳史です!

菰田 淳史(Komoda Atsushi) プロフィール

房総半島をホームグラウンドにあらゆる釣りを楽しんでいるアングラー!ちなみに最近はサーフからのヒラメ&マゴチといったフラットフィッシュゲームにドハマり中!

 

現在、人気沸騰中なのがショアヒラメゲーム。私もアツくなっています!

さてヒラメはサーフ、磯、漁港、河口と様々なエリアでショアから狙うことができますが、一般的にはサーフから狙う場合が多いですよね。

ちなみにサーフといっても、場所・地域によって、遠浅サーフ、急深サーフ、根絡みサーフと地形は異なります!

そんな中で今回は比較的多いシチュエーションである「遠浅サーフ攻略法」について紹介していきます。

今回は比較的に多いシチュエーション「遠浅サーフ」の私なりの攻略法についてお話させていただきます!

 

さて、遠浅サーフを攻略するうえで、まずは絶対的に大事になってくるのが飛距離を出すこと!

飛距離が出ればより広範囲に探ることができ、魚を出せる確率も必然的に高くなります。

そんな飛距離をだすために私が遠浅サーフで主に使用しているルアーはメタルジグとシンキングペンシルの2種です。

なぜこの2タイプを使うのか?というと、この2種があると、水深が浅いながらも縦と横の誘いがかけられ、確実に1枚を狙っていけるからなんです。

それでは縦と横の攻めについてご紹介していきます!

 

【縦の誘い】メタルジグ「ギャロップアシスト40g」のフォールで食わす!

~変化の乏しいサーフでは縦の誘い~

縦の釣りでは主にメタルジグを使用します。

誘い方は一度ボトムまでルアーを沈め、リフト&フォールやジャーク&フォールなど
ボトムから50㎝程度ルアーを浮き上げフォールさせるイメージでロッドアクションを繰り返し行います。

ちなみに私のおすすめのメタルジグはギャロップアシストですギャロップアシストは色々シリーズがありますが、私はオリジナルの「ギャロップアシスト」と「ギャロップアシスト・スローフォール」の2種を多用しています!ギャロップシリーズは種類が豊富ですが、この2つは癖がなく特に扱いやすいです。

 

ギャロップアシスト40g【ジャクソン】
ジャクソン公式ギャロップアシスト詳細ページはこちら

 

 

 

 

 

「ギャロップアシストスローフォール38g」
ジャクソン公式ギャロップアシストスローフォール詳細ページはこちら

 

関連動画

出典:YouTubeチャンネル「studio jackson」

 

1 / 3
次へ