ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

日本人初快挙! メガバス 伊東由樹が2年連続IFデザインアワード受賞

釣り好きの日本人として、うれしい「速報ニュース」が入ってきました!!

どんなニュースかというと…。

 

日本人初快挙! メガバス 伊東由樹が2年連続IFデザインアワード受賞

デザインアワードとして世界で最も歴史があり、権威あるデザイン界のオスカー賞と称されるドイツ・ミュンヘンで開催される国際フォーラムデザインアワード(IFデザイン)にて、メガバス 伊東由樹が日本人として快挙となる、2018年の3部門受賞に引き続き、2019年も受賞を果たしたんです!

 

受賞作品は、モンスターバスロッド「VALKYRIEシリーズ」(全機種)。

日本の釣具がアメリカ、欧州をはじめとする海外で評価されるっていうのは、うれしいですね!

※まずは今回は速報まで・続報で詳細な情報入りましたら、またお伝えします!

 

関連過去記事

メガバスグループCEO伊東由樹がiFデザインアワード2018を3シリーズで受賞【ルアー、ロッドで国内初受賞】

配信記事はこちら


出典:ルアーニュースR(ルアー関連ニュースWEBサイト)

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。