ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【解説Movie】ダイワのベイトリール「スティーズCT SV TW」はコンパクト&タフなNEWコンセプト

出典:ダイワ

ダイワのベイトリール、スティーズCT SV  TWを解説していただきました!

コンパクト&タフ
まずは、2019年から掲げるNEWコンセプト「CT」が名前についています。CTとは「COMPACT&TOUGH(コンパクト&タフ)」ということです。

フル新型のコンパクトボディながらタフ。パーミング性も格段にアップしたので、手のあまり大きくない方にも持ちやすそう!

出典:ダイワ

スプールもめちゃコンパクトに
スプールもむちゃくちゃコンパクトになっています。G1ジュラルミン製CT SVスプールは、ナントΦ30mmのスプール。これまでのスティーズに採用されていたスプールがΦ34mmということで、実物を見ると「ちっちゃ!!」となりました。これまでと比較しさらに軽量のリグ、具体的には5gを下回るリグにも対応する高回転性能を発揮してくれます。

出典:ダイワ

G1ジュラルミン製のドライブギア
では中身は?と気になるところですが、G1ジュラルミン製のドライブギアを採用していて、これはスティーズATWといったタフなモデルに採用されているドライブギアと同様。つまり、コンパクトながら中身のギアには変わりがないのです。

TWSもコンパクトな新設計に
ライン放出をスムーズにするダイワのテクノロジーTWS(Tウイングシステム)ですが、700サイズのスプールに合わせたコンパクトな新型設計となっています。飛距離アップ、バックラッシュ軽減を実現してくれています。

すべてがコンパクトになりながらパワー面でも安心、バーサタイル性能はもちろん、さらにベイトフィネスにもムチャクチャ使いやすく進化したリールといえます。

出典:ダイワ

ギア比6.3のノーマルギアである700Hと700HLとギア比8.1のハイギアモデル700XH、700XHLがラインナップされています。自重150g。価格は58,800円。