ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

冬野池のバス釣りで有効なカバーフィネス攻め【ウエッピング&吊るしテク】寄稿by狩野 陽

みなさんこんにちは!狩野 陽(かのう あきら)です!

狩野 陽 (かのうあきら) プロフィール

野池の釣りを得意とし、地元・静岡の野池を釣り歩いているオカッパリメインのアングラー。また折を見つけては、県外、全国津々浦々のフィールドをチェック!

さて私のホーム!静岡野池群ですが、1年で最も寒いシーズンに突入します。

平均水温は、ひとケタ台(3~4℃)~10℃ギリギリキープ…といったところ。

 

そんな季節では、日照時間を考慮しながら、なるべく水温が高く安定するエリアを見つけ出していくのがセオリー。

そして釣り方としては、今まで紹介した【バイブレーション・シャッド】といったリアクション系の釣りに加え、フィネスアイテムを駆使しています。

関連参考記事【メタトロ】低水温シーズンの野池での釣果バス釣りテク「メタルバイブのテクトロ」を紹介【寄稿by狩野 陽】

配信記事はこちら


出典:ルアーニュースR(ルアー関連ニュースWEBサイト)

関連参考記事 冬野池オカッパリバス釣りで超有効「シャッディングX」のソフトジャーク【寄稿by狩野 陽】

配信記事はこちら


出典:ルアーニュースR(ルアー関連ニュースWEBサイト)

 

 

私が多用する冬攻めの1つ「フィネスに特化した釣り方」を紹介

というわけで今回は低水温期シーズンの特化攻め・最終章の第3弾として、私が多用する冬攻めの1つ「フィネスに特化した釣り方」を紹介していきます。

 

【低水温期に使うフィネスアイテムはズバリ!この2選!!】

最初に低水温期に使うフィネスルアー2つ「ヘッジホッグスモールラバージグ」と「ジャミラ」をご紹介します!

低水温期に愛用中のフィネスルアー紹介-その1
「ヘッジホッグスモールラバージグ+TK FLY」

ヘッジホッグスモールラバージグは凸凹ラバーが特徴のスモラバです。

メガバス公式ヘッジホッグスモールラバージグ詳細ページはこちら

ウエイトバリエは6種=0.9g、1.4g、1.8g、2.5g、3.5g、5.0g

 

凸凹ラバーが水をしっかり噛んでくれるため、アピール力はスモラバの中でもかなり高いんです。僕自身、遠距離やカバー内からバスを誘いたい時にマッチしたスモラバとして多用しています。

ちなみに、自分なりのチューンとして、0.5~1㎝程ラバーカットしてフレアしやすくしています。

あとトレーラーはTK FLYを愛用。テールが短く張りがあるため、細かいアクションで、ピリピリっとした動きを演出してくれます。カラーはなるべくスモラバに合わせたカラーチョイスがおススメです。

 

 

 

 

 

低水温期に愛用中のフィネスルアー紹介-その2
「ジャミラ3.75inch JAMILLA」

ジャミラは見るからに‘‘魚‘‘を意識した、スモラバと対局にあるリアルシルエットワームです。

メガバス公式ジャミラ詳細ページはこちら

私はジャミラをジグヘッドで使用することが多いんですが、内蔵されている反射板がキラキラとベイトフィッシュを演出してくれます。

ちなみに私なりのチューンとしてヒレをカットしています! というのも反射板をフル活用したいため、水抵抗を極限まで減らすためにヒレをカットし、ロールアクションがだしやすくしています。

 

さて、私はこの2種をメインにフィネスの釣りを展開しているのですが、ここからは、冬野池でのバスのポイントの見極め方なども含めた攻めをご紹介していきます!

1 / 3
次へ