ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【メタルマスター】エバーグリーンの新作メタルジグを使った消波ブロック攻略法【寄稿by小谷野慶太】

みなさんこんにちは!小谷野慶太です。

小谷野慶太(Koyano Keita ) プロフィール

霞ケ浦水系をホームとする注目の若手アングラー。2018年はJBマスターズ/JB霞ケ浦に参戦。2017年に参戦したW.B.S. PRO-TEAM トーナメント 3ndで(ノンボーター)で優勝するなどトーナメントで上位入賞を果たしている。ヘラブナ管理釣り場『筑波湖』勤務、茨城県出身、在住

最近、ホームグラウンドの霞ケ浦で新作のメタルジグ「メタルマスター」を使って消波ブロックエリアでイイ釣りができているので、どんな感じの攻めなのか? をご紹介させていただきます!

 

メタルマスターは水平姿勢で滞空時間の長いフォールが特徴のメタルジグ

まずはじめに、メタルマスターについての基本的なことからご紹介したいのですが…。

メタルマスターは水平姿勢で滞空時間の長いフォールが特徴のメタルジグ。

で、特長的なのがその長いフォール中にロールとフラッタリングを見せてくれる今までにないアクションを繰り出すジギングスプーンです。

エバーグリーン公式メタルマスター詳細ページはこちら

 

カラーは10色あり

 

水中アクション動画をぜひチェック

出典:YouTubeチャンネル「EverGreenFishing」

 

 

メタルマスターを使った消波ブロック撃ちを解説

さて、本題のメタルマスターを使った消波ブロック撃ちについてなのですが…。

私のオススメの使用法は消波ブロックの穴撃ちなんです。

これから冬に向かっていく季節において、どのフィールドでも絶対に無視できないストラクチャーの1つですが、メタルマスターはその消波ブロック撃ちでかなり有効なルアーになっているんです。

 

動画撮影もしてみたので、ぜひチェック

出典:YouTubeチャンネル「小谷野慶太」

私的に一番キモにしているのが、とにかく丁寧に探ること!

消波ブロック周りを丁寧に探る場合、気になるのがスタックだと思いますが…。

その点、メタルマスターは、通称『地獄針』セッティングといわれるフックシステムが採用されていて、根掛かり回避性能と高いフッキング力を両立しているので、そのお陰でストレスなく消波ブロックを攻略できるんです。

 

仮に根掛かりしても焦らずラインを軽く揺すれば反動で簡単に外す事が可能です。

 

また、フォール中の滞空時間が長いので、消波ブロックの中でもバスしっかりアピールして霞ケ浦水系のような比較的水深の浅いフィールドでも問題なく使用できます。

 

アクションはフリーフォールさせてボトムに着底したら2、3回シャクっての繰り返し

具体的なアクション方法はホントに単純で簡単!

フリーフォールさせてボトムに着底したら2、3回シャクっての繰り返しです。

 

ただ注意点が1つあって、メタルマスターが釣れる最大のキモである水平姿勢と長い滞空時間を最大限に活かすために、フォール中はラインをダルダル状態にするのを心掛けてください。

 

タックルについて

なおタックルについてですが…

ロッドは、フェイズ・レーザーショット63ML+を愛用しています。

このロッドはトップウォーターやジャークベイトを使う時のメインロッドなのですが非常に操作性に長けていてメタルマスターとの相性が抜群です

ライン・マジックハードR 12ポンド

ルアー・メタルマスター 7g

 

 

メタルマスターはウェイトが5つラインナップされていて、もちろん消波ブロック撃ち以外にも威力を発揮しますので、様々なシチュエーションで使い分けて、冬の貴重でウレシイ1尾をぜひ手にしてくださいね(^^)