ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【タイラバを学ぶ】ラパラ・スナッパーボールで「攻めのタイラバ」

スナッパーボールでマダイをキャッチした北出弘紀さん

落として巻くだけ! タイラバの操作は非常にカンタンで、だからこそエントリーするアングラーが広がったのは間違いない事実でしょう!

ただ、その「ただ落とすだけ」「ただ巻くだけ」の中に、自ら積極的に仕掛けられる要素があれば、それはそれでまた違った楽しみ方が出てきますよね! そんな「攻めのタイラバ」を表現するのに最適なアイテムが、ラパラ「ドカンタイラバ・スナッパーボール」

このスナッパーボールを使った「攻めのタイラバ」を実践してくれたのが“KD”の愛称で知られえる北出弘紀さん。攻めのタイラバを行う上での注意点やスナッパーボールの扱い方をまとめてみました。

攻めのタイラバを実現する「DOCAN タイラバスナッパーボール」

スナッパーボールの特徴は、特殊なヘッド形状によるS字アクションがリトリーブ時、フォール時に発生します。つまり、強波動のタイラバです。活性の高い強波動を好むマダイにはもちろん効果的。のみならず、強波動を好まないマダイが威嚇してくるような攻撃的なバイトを誘発するといいます。

さて、そんなスナッパーボールによる攻めのタイラバでカギとなるのがフォール。落ちてくるモノにも興味を示すマダイに、フォールでもS字アクションをするスナッパーボールは強烈に、広範囲にアピールします。

メカニカルブレーキを調整にフォールスピードに変化をつける

そして、このフォール速度によってマダイの反応が変わってくるそうで、リールのメカニカルブレーキによるフォールスピードの調整を行う。巻き速度だけでなく、落下速度でもマダイの反応を見ていくわけで、非常にゲーム性が高くなりますよね。

また、ベイトリールもローギア、ハイギアを持参する。ローギア、ハイギアでは当然巻き取り速度が変わってくるので、その日の状況に応じて使い分けます。また、スピニングは潮が動かずドテラでも真下にタイラバが落ちていく時、潮カミに投げて早くポイントに投入したい時に使用するそうですよ。

また、特にマダイの活性が低い時はロッドを下げて構え、ラインにガイドの負荷が掛からないようにして巻き上げていたのも特徴的。こうすることで、低活性のマダイからの弱いバイトでも素直にフックアップしやすくなるんだとか。

攻めのタイラバでは、状況に応じて積極的にアワセを入れてフッキングに持ち込むのだが、竿を下げた状態からだとアワセしろができるというメリットもあるそうですよ!

スナッパーボールを攻めのタイラバ、ぜひチャレンジしてみてください!