ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ハードルアー】メバリングタックル選びのキモ【著名メバラーの愛用タックル紹介】豊西 和典 編

メバリングの人気スタイルになっているのが、シンペンやミノー、小型テッパンなどを使ったハードベイトの攻め!

そんなハードベイトを楽しむためには、バランスの取れたロッドとリールの組合せや、ラインのセレクトなど、最適なタックルセッティングが必要になってきますよね!

実際、どんなタックルセッティングがイイのか? お悩みのアングラーも多いと思います。

そこで、そんな悩みを吹き飛ばしてもらうために、著名アングラーの方にご自身のハードベイト攻めでの愛用タックルセッティングを教えてもらいました!

ぜひ参考にしていただけるとウレシイです!!!

出典:ルアーニュース増刊号「爆釣!メバリング シーズン12」

 

豊西 和典のハードベイト  メバリング愛用タックルセッティング
【本文・解説=豊西 和典】

豊西 和典 Toyonishi Kazunori プロフィール

1963年生まれ。大阪府在住。長い磯釣りの経験に感性を融合させた独自のスタイルで、ライトゲームの世界をマルチに探究し続ける超ライトゲームオタク。激戦区・大阪湾泉南エリアをメインに、年間釣行回数は100回を超える。エバーグリーン・ソルトウォータープロスタッフ、アルカジックジャパン・ブランドビルダー、JLA(ジャパンルアーアングラーズ)所属

メバルプラッギングでの愛用セッティングです!

 

ルアーは? コルセア65【エバーグリーン】

メバル専用のプラグではないのですが、コルセア65をよく使います。

エバーグリーン公式コルセア65詳細ページはこちら

 

65mmのシンペンでウエイトが7gあり、申し分なく飛ぶのが特長。少し荒れた外海のサーチにも向いていて、回遊性の強い黒メバルをキャッチできるチャンスが生まれます

 

 

ロッドは?  ソルティセンセーションPSSS-74S   BBヒットマン 【エバーグリーン】

プラッギングに使用するロッドには、不意の大型メバルが掛かっても余裕でやり取りできる頑丈なバットと繊細なアタリを察知できる高弾性ソリッドティップ搭載のPSSS-74S BBヒットマンを多用します。

エバーグリーン公式ソルティセンセーションPSSS-74S   BBヒットマン詳細ページはこちら

 

 

リールは? 12ルビアス2004【ダイワ】

リールは操作性重視で2000番クラスのノーマルギアを使用。

プラッギングでのメバリングでは時折、大型のメバルや大型のシーバスなどがヒットする時もあるので、パワーファイトも対応できることと、極細PEをメインラインとしますので、この程度のスプール径がストレスなくキャストできると考えます

※巻取り長さ:63cm(ハンドル1回転あたり)、ギア比:4.8
自重:190g、最大ドラグ力:2kg、ナイロン糸巻量(lb-m):3-140/4-100、PE糸巻量(号-m):0.4-120/0.6-100、ベアリング(ボール/ローラー):7/1


・ハンドル:ノーマル  ・ハンドルノブ:ノーマル 

メインラインは?  Ar.PEレンジブレイド0.2~0.3号【アルカジックジャパン】
リーダーは?  バスザイル・マジックハードR  4~5Lb【エバーグリーン】

メインラインは0.2号~0.3号程度の細番手PEとフロロカーボンリーダーの4ー5Lbを1m程度、FGノットで結束しています。

アルカジックジャパン公式Ar.PEレンジブレイド詳細ページはこちら

 

エバーグリーン公式バスザイル・マジックハードR詳細ページはこちら