ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【レオン加来匠が解説】奇跡の尺メバル3連発を動画ロケで実現した「ボトムワインド」究極メソッドを解説

レオン流ボトムワインドのリグ解説!
ジグヘッドは尺ヘッドDXマイクロバーブDタイプ【ジャズ】

ディープポイントで使用するワインドジグヘッドは基本的に4g、5g、7g、10gの4種です。

jazz公式尺ヘッドDタイプ詳細ぺージはこちら

 

キレのよい大きなスライド幅のワインドアクションはセットするワームを選ばず、他に比肩するモノがないほどです。

尺ヘッドDは5gまではフックサイズが共通で、メバルジグヘッドとしてレギュラーなサイズですが、7gと10gはヘッドも大きくメバル用としてはかなり大きなフックが付いています。

 

このため、メバルに使うことを躊ちょされる方が多いのですが、エビの頭部の大きさと比較しても実際の使用では何ら問題はありません。

この釣りでは普通サイズのメバルでも難なく食ってきます。何より理解していただきたいのは、ヘビージグヘッドの沈下スピードです。メバルを釣るのに遅い方が釣れる気がするでしょうが、実際には速いフォールスピードの方がリアクションでスイッチが入ることが多いので、ゼヒ恐れずに使ってみてください

 

 

 

レオン流ボトムワインドのリグ解説!
ワームはシュラッグミノー1.5inchとスライダーシャッド1.5inch

ボトムワインドにおけるワームは、僕がまさしくボトムワインドゲーム用にデザインした、シュラッグミノーとスライダーシャッドです。

 

シュラッグミノーはダートの慣性を殺すためのブレーキとなる腕とテールが付いており、スライダーシャッドは逆にダートの終息を伸ばすため水抵抗の少ないデザインとなっています。両者の使い分けはベイトの種類によって様々ですので、決めつけずに双方を使用し反応がよい方をその日のメインにすることをオススメします。
気をつけてほしいのはセット方法です。どちらのワームも通常のリトリーブゲームでは平らな面を上にしますが、ワインドゲームでは逆に平らな面を下にしてセットします。そして、フック軸にとにかくまっすぐに刺すこと。急いでセットせずに少しずつ慎重に針先を差し込んでいけば、まっすぐにセットできます

 

パワーベイトSW  シュラッグミノー1.5inch

バークレイ公式パワーベイトSW  シュラッグミノー1.5inch詳細ページはこちら

出典:YouTube LureNews.TVチャンネル

 

パワーベイトSW  スライダーシャッド1.5inch

バークレイ公式パワーベイトSW  スライダーシャッド1.5inch詳細ページはこちら

出典:YouTube LureNews.TVチャンネル

 

 

レオン流ボトムワインドのリグ解説!
リグり方のキモ

ワームは上下逆付けが基本!

シュラッグミノーとスライダーシャッドをジグヘッドにセットする場合、一般的なメバリングではワームの平面が上を向くようにセットするが、ボトムワインドでは写真のように平面を下にしてセットする。

こうすることで、ジグヘッドの飛びを抑制しつつキレのよいワインドアクションを生むことができます!

さて、ボトムワインドの概略が少しでも伝わったでしょうか?

確かにかつてメバリングは1-2gのジグヘッドにワームをスローリトリーブして釣ることが王道とされてきましたし、僕自身もそういった方法で数々の実績をあげてきました。

 

しかし、我々アングラーが想像さえしなかったこと(釣り方)が実際のフィールドには未だ多く眠っているのです。

 

その壁を打ち破る方法の1つが、今回のヘビージグヘッドでのボトムワインドです。大型メバルを手にするにはいくつかのロケーションやいくつかの方法がありますが、もっと遠くへ、もっと深くへ、もっと大きく、もっと速く、という考え方もとても有効なのです。

 

2 / 2
前へ