ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

重見典宏プロデュース!ボートエギング専用「ドラッギン番長」がエバーグリーンからついに登場

トラブルが少なく、安定した水中姿勢を生むシンカーデザイン&ウエイトバランスにしてある!

ドラッギン番長は独特なボディ&シンカーデザインになっているのが分かるはず!

余計なトラブルを減らすためにかなりシームレスなボディ一体型シンカーデザインにしてあり、さらに、安定した水中姿勢とアクションを生むベストなウエイトバランスが追求されたモノ。

このデザインのおかげで、糸絡みやエビになったりするトラブルが皆無に! そして着底時に倒れ込みにくく、かなり根掛かりの少ないエギになっているそうな!

 

 

抵抗を感じやすくレンジキープしやすい

適度な抵抗を生むヘッド形状・ラインアイポジションになっていて、手元にエギの抵抗m潮の強弱などが分りやすくなっているのも特長!

そんな分かりやすい抵抗があるので、シャクリ時・ドラッギング時に浮き上がり過ぎずレンジキープしやすくなっています。

シンカーは低重心設計で、かつ水流を適度に受け流す形状になっているので水中姿勢やアクションが安定! かなりトラブルレスなエギになっています

 

潮受けのイイヘッド部!潮流の変化を感じやすくレンジキープがしやすいヘッドデザイン

 

アイが3つある! ラインアイと2つのサポートシンカーアイ搭載

シンカーの交換・追加が不要になるように開発されたドラッギン番長だけど、細かいウエイト調整がしたいアングラーのために、ヘッドの下部に2つのサポートシンカーアイが用意されています。

アングラーの希望で下写真のフロントアイやリアアイにシンカーを追加するのもあり!

 

ちなみに重見さんの場合は、シンカー追加はあまり行わず、リアアイにアシストフックを装着することが多いとのこと。

というのも、これまでの経験でボートエギングの場合は、根魚のアタックが多いので、その魚をとるためにリアアイにアシストフックを付けられるように、このリアアイをつけたとのこと。そうすることで、アコウやアカハタ、場合によってはクエなど、美味しい高級根魚のお土産が確保できる確率が大幅にUP!

 

↓このアシストフックも発売されるんでしょうか?

 

 

2 / 3
前へ 次へ