ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

重見典宏プロデュース!ボートエギング専用「ドラッギン番長」がエバーグリーンからついに登場

エギング界の帝王として知られるのが、重見典宏(しげみのりひろ)さん。

重見典宏プロフィール

エギング界の帝王! スラックマスターなどのテクニックを世に広め、さらには自身の豊富な経験を元に、エギ番長シリーズなどの人気エギを続々発表。昭和33年4月26日福岡生まれ鹿児島育ち、現在は兵庫県在住

重見典宏Facebookページはこちら

 

重見さんといえば、エギ番長シリーズをプロデュースしていることで有名だけど、そのエギ番長シリーズに新たな仲間が加わりました! それは…。

出典&アイキャッチ出典:エバーグリーン公式ドラッギン番長  詳細ページ

 

ドラッギン番長【エバーグリーン】

2018年11月上旬登場

ドラッギン番長は、あの重見典宏さんプロデュースのボートエギング専用に設計されたNEWエギ。

ドラッギング番長は、オフショアエギングの人気スタイルである「ティップラン」専用に開発されたエギなんです。

ドラッギン番長はティップラン攻めのベストシーズンが開幕する2018年11月上旬に発売になったばかり!

▶ 30g・40g <2018年11月上旬発売>
▶ 50g・70g・90g <2019年1月発売予定>

 

それではドラッギン番長の特長を紹介

 

豊富なウエイトバリエで、状況変化に即対応できる

ティップラン攻めでは、刻一刻と潮流や風などの状況が変わるので、ベストなエギウエイトにチェンジするのが、釣果を伸ばすコツになつています。

でそのエギウエイトを状況にアジャストさせるために、これまでは追加シンカーを付けたり、かぶせるタイプのシンカーをセットするなどを行う必要があったんだけど、重見さん的には、すぐにウエイトチェンジをすることが有効だと考え、ドラッギン番長では、ウエイトバリエを豊富にし、エギ本体を「即交換」「即投入」できるようにしてるんです!

こうすることで、海況変化に「即対応」。海況に合ったウェイトで有効に攻め続けることができるため、チャンスを逃さないというわけ。

ボディサイズは3.5号で統一!

ウエイトは30g、40g、50g、70g、90gの5種あり

ちなみに重見さんがウエイト選びの基準としているのは水深+10 g。例えば水深30mなら40g、水深50mなら60gを選ぶのを基本にして、そこから潮の速さや風など、状況に合わせてウエイトを選んでいるとのこと!

 

 

カラーラインナップは全7色

ドラッギン番長ではグロー系も1色ラインナップされています!

 

1 / 3
次へ