ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

油ケ淵現場ナマ情報by加木屋守【週刊ルアーニュース(11/9発売号)】

毎週金曜日に関西&東海エリアを中心に発売されている週刊ルアーニュースで連載中の「現場ナマ情報」!淀川や大江川はじめ、池原ダムや七色ダムなど人気フィールドの現状分析や今後の予想、オススメの釣り方などを各地の釣りウマアングラーがナマ解説!ルアーニュースRでその一部をご紹介!今回お届けするのは「油ケ淵」!

油ケ淵(あぶらがふち)ってどんなトコ?
油ケ淵は愛知県にある有名なバスフィールドの1つ。海とつながっており、潮の満ち引きの影響を受ける。自転車でランガンするのがオススメだ。

加木屋守(かぎや・まもる)。ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、最近では自身初のプロデュースルアー「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ

アメブロ
https://ameblo.jp/hbma-mo

ツイッター
https://twitter.com/ma_mo_s

インスタグラム
https://www.instagram.com/mamorukagiya/

YouTubeチャンネル「マーモチャンネル」
https://www.youtube.com/channel/UCrcHOHRzkCBcGyZmgy5X2pA

今週の油ケ淵ナマ情報

こんにちは! 朝の冷え込みが一段とキツくなってきましたね。

油ケ淵もターンオーバーしていて、なかなか口を使わせにくい状況にあります。

口を使わせにくい状況での釣り方は?

そんな時は食わせ要素よりもリアクションの釣り方がよくなります!

この時期は半場川の土のうエリアのブレイク付近に溜まりやすくなるのですが、そのブレイクの対岸に向かって投げ、ブレイクをカーブフォールでスイミングさせていく釣り方が有効となります。

僕はいつもスイミングジグ1/4㌉にシャッドテールワーム3.8㌅を付けて使用します。

先日も知り合いの方がそのラバージグのスイミングでの釣り方でナイスな50㌢UPを半場川土のうエリアからキャッチされていました。

オススメの狙いドコロは?

この時期は最上流にいた半場川のバスは橋1つめの内浜橋から下流の土のう周辺にバスが溜まりはじめます。

中でも少し下流に行くとアウトサイドベンドしている地形エリアがでてくるのですが、そのエリアには非常にバスも濃くなります。

エサを食うバス、越冬するバス、両方ともこのエリアに溜まりやすくなりますので、寒くなってくるこれからの季節はこのエリアが非常に重要となりますよ!

次のページではオススメのスイムジグと爆発予想スポットを紹介!

1 / 2
次へ