ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

エアリアルレジェンドとスーパーエアリアルレジェンドを今江克隆が解説【歴史的名竿が伝説となって復活】

この日本のバスフィッシングの歴史的名竿であるエアリアルを現代に再現しようとした最大の理由は、話すと異常に長くなるので、エバーグリーン公式WEBサイト「エアリアル開発特設コーナー」で、素材とパーツの構成の妙をジックリと読んでほしい。

読むだけでロッドとは必ずしも最先端素材の集合体が最高ではない理由が理解できると思う。

エバーグリーン公式インスパイア エアリアル・レジェンド 開発ストーリー詳細ページはこちら

https://www.evergreen-fishing.com/news_html/aerial_story.php


出典:エバーグリーン公式 詳細ページ

30年前のロッドでしかだしえなかった、独特のダルさと甘さを兼ね合わせた人に優しい「スラッグシェイク」の再現が、これほどまでに最先端素材で再現することが難しいとは最初はまったく思っていなかった。

その独創的な技法での再現に3年の月日を費やし、それが偶然30周年記念の年に2本だけが完成したのは実は狙ったことではなく、偶然以外の何物でもないのである。

 

現代の最先端フィネス「マッハシェイク」に代表される痙攣系ハイピッチシェイクとは対極の、今の素材、技術では逆に幻となったダルダルの「スラッグシェイク」を現代に復元させたロッド、それがエアリアルレジェンドシリーズのコンセプトであり、来季55歳を迎える自分がこれからも苛烈を極めるTOP50フィネステクニックの中で生き残るために、どうしても復活させる必要があった唯一無二のスピニングなのである。

まぁ、肘や手首を痛めて、痙攣マッハシェイクを一分間一糸乱れず持続できないアングラーには最高の救世主になるロッドでもあるといっておこう。

エバーグリーン公式エアリアルレジェンド詳細ページはこちら

 

エバーグリーン公式スーパーエアリアルレジェンド詳細ページはこちら

2 / 4
前へ 次へ