ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ライトショアキャスティング】細めPEとプラグに軽量メタルジグを使う湾奥での青物狙いスタイルを紹介

モンキーおすすめのショアキャスティング用のメタルジグは「ギャロップアシストフォールエディション」と「ギャロップロングキャスト」

一方で、メタルジグですが、プラグにはない飛距離と、ボトムや中層など全てのレンジを攻略できるのが魅力です。

メタルジグを使うとマヅメが絡まない時間帯でも、飛距離と全レンジを探ることで1匹に繋がることが多々あります!

モンキーおすすめのショアキャスティング用のメタルジグは「ギャロップアシストフォールエディション」と「ギャロップロングキャスト」です。

ギャロップアシストフォールエディション

シャープなエッジに、コンパクトかつ厚みを持たせたボディシルエットが特長。メタルジグのフォールに特化したコンセプトモデル。

ジャクソン公式ギャロップアシストフォールエディション詳細ページはこちら

 

ギャロップロングキャスト
ギャロップアシストシリーズの中で、飛距離を出すことに特化したモデル!
表面積を減らしたコンパクトデザインで後方重心。ジグを触って見てるだけでもロングキャストできるのが分かるはず!

ジャクソン公式ギャロップアシストロングキャスト詳細ページはこちら

 

青物狙いの「ライトショアキャスティング」まとめ

この釣りの魅力は「食わせ」を重視しているので、ラインは細く(PE2号ぐらいまで)、小型のルアーを使用します。

魚を掛けててからは、強引にファイトせず魚をいなしてランディングに持ち込みます。

一見、青物狙いとなると、ゴッツいタックルでガチファイトなイメージが強いせいか、湾奥エリアでもそのようなタックルで狙う方をよく見かけます。

でも実は使用しているルアーが大き過ぎてバイトに持ち込めていないことが結構あります。数少ないバイトチャンスを確実にモノにするにはライトショアキャスティングは必要不可欠です!

キョーレツな青物の引きをいなして獲るゲーム性もかなりハマります。

ぜひこの時期のうちに躊躇わず、果敢にライトタックルで青物を狙ってみてはいかがでしょうか??

ボクはライトショアキャスティングでブリサイズを狙っていますので、魚を掛けてからはテトラの上を走り回ってますよ!!

それではまた! Tight Lines!!

2 / 2
前へ