ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

淀川現場ナマ情報by小田圭太【週刊ルアーニュース(11/2発売号)】

毎週金曜日に関西&東海エリアを中心に発売されている週刊ルアーニュースで連載中の「現場ナマ情報」!淀川や大江川はじめ、池原ダムや七色ダムなど人気フィールドの現状分析や今後の予想、オススメの釣り方などを各地の釣りウマアングラーがナマ解説!ルアーニュースRでその一部をご紹介!今回お届けするのは「淀川」!

淀川(よどがわ)ってどんなトコ?

写真は淀川でもかなりの人気スポット、城北ワンド

関西を代表する大規模河川の淀川。ワンドも多く存在し、陸っぱりアングラーで連日賑わうかなりのハイプレリバー。難しい分毎年ナイスバスがあがっており、そのポテンシャルは計り知れない。アクセスもしやすく気軽にバスフィッシングが楽しめるまさに都会のオアシス。

小田圭太(おだ・けいた)。淀川や神崎川、猪名川、一庫ダムなど、店から近い大阪近郊の都市型フィールドをはじめ、各所の野池や琵琶湖、リザーバーなどに荒精通するアングラー。ボートハウス・ラッシュ所属プロガイド

O.D.Aガイドサービス
http://pro.buritsu.com/o-d-a/

フェイスブック
https://www.facebook.com/keitaoda0813

インスタグラム
https://www.instagram.com/keita.oda0813/

今週の淀川ナマ情報

こんにちは。淀川の状況ですが、水温も20度を割り、バスの付き場にも変化が見られるようになってきました。中小型サイズは流れがやや緩いミドルレンジに固まってきており、エリアを見つけるとまとまって釣れるようになってきています。

芥川上流でいわっちさんがグッドサイズ!

ただし、こういった個体は吸い込みが甘く、バイトしても離してしまうことが多いので、①小型ワーム、②ワームがズレやすく、初期刺さりのよいフッ素コート仕様のフック、③食い込みがよいソリッドティップ、などのショートバイト対策が必要となってきます。

フッキングもケースバイケースなので、100%ではありませんが即アワセがよい個体やタイミングがあるので、バイトがあっても持っていかず離してしまう場合は、即アワセも試してみてください。

大型の個体はどこにいる?

さて、大型の個体ですが小型の個体とエリアがまったく違う場合が多く、シャローレンジでなおかつカレントが強い、まるで真夏に釣れるようなエリアで釣れることがあります。

遊泳力が高い大型の個体はよりよい条件の場所を泳ぎ回って移動しているようです。

枚方大橋周辺でメリーGFXスナッグレス仕様(次のページで解説アリ)で50㌢アップ!

前日よかった場所も流れの強さや透明度が変わってしまうと、忽然と姿を消して、条件のよいエリアに移動していることが多いので、過去の実績に囚われず、その日その場所にアジャストしていく必要があります。

淀川でこの時期はここを攻めればOKという場所がなかなか存在しないのはこういったことが原因で、その日のバスを探す能力が問われるフィールドといえると思います。

次のページでは今週の爆発予想ルアーを紹介!

1 / 2
次へ