ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

秋のバス釣り黄金パターン「秋の落ちアユパターン」をボギー横山(横山修史)が解説

みなさん、こんにちわ! 旧吉野川(徳島県)をホームグランドに活動しているボギー横山こと横山修史です。

 

ボギーのblog https://ameblo.jp/bogeyyokoyama/

ボギー横山のFacebookインスタ

 

 

今回は、私のホームグラウンドの旧吉野川で人気があるというか、外せない攻め「秋の落ちアユパターン」について書きたいと思います。

 

もちろん旧吉野川に限らず、全国各地のアユが居る川、ダム湖でも有効なパターンなので参考にしていただけるとウレシイです。

 

アユが居る川やダム湖ではこの時期ハズせない「秋の落ちアユパターン」をご紹介

 

初夏に遡上していたアユも産卵期を迎え川の下流域に下がります。これを俗に落ちアユと呼びます

さて今年は、猛暑の夏が過ぎたと思えば、大型台風の襲来。旧吉野川も増水、濁り、激流。バスにとっても過酷な状況であったと思います。

10月に入り川辺の風にススキが揺れ、一雨ごとに水温も下がり水面下も秋が深まっている様です。

初夏に遡上していたアユも産卵期を迎え、川の下流域に下がります。 これを俗に落ちアユと呼びます。

 

群れで溜まる落ちアユは動きが鈍めでバスにとってはかっこうの獲物なんです

反転流エリアや水通しの良い岬周りに群れ、時には数千匹の大群で溜まっているエリアもあります。

この落ちアユ、産卵後は死んでしまいますが、動きも鈍くなってバスの恰好の獲物!

 

落ちアユパターンで外せないルアーがワンテンシリーズ!

落ちアユ狙いのバスに極めつけのルアーがワンテンシリーズ(ビジョンワンテン、ワンテンLBO、ワンテンR)です!

 

ワンテンシリーズは説明不要のジャークベイトですよね!

 

狙い方は群れにキャスト、軽くジャークやデッド引きでで鈍い動きのアユを演出したり、逆に高速引きでスイッチを入れたりするのもアリ

アユの群れを見つけたら、群れの中へキャスト、軽くジャークしフラッシングからのストップで攻めたり、デッドスローリトリーブで鈍い動きのアユを演出し、バスにスイッチを入れます。

その攻めでもし、反応がなければ、群れの中へキャスト後、高速リトリーブ!アユの群れを散らして、バスにスイッチを入れるのもあり!

アユが驚き、水面からジャンプしたりすることもあって、それがスイッチを入れる引き金になることもあります!

 

 

ワンテンシリーズの使い分けですが、ビジョンワンテンとワンテンLBOをメインに、ちょっとアクションの使い分けでワンテンRを使ってみるといった感じ。

 

ビジョンワンテンは超カラーが豊富!落ちアユパターではフラッシングの強いカラーとゴースト系の自然に溶け込むカラーは必須!

メガバス公式ビジョンワンテン詳細
http://www.megabass.co.jp/site/products/vision-oneten/

 

ワンテンシリーズはどれもカラーが豊富!特にビジョンワンテンは19色もあります!

落ちアユパターではフラッシングの強いカラーとゴースト系の自然に溶け込むカラーは必須!

 

 

 

 

逆風時や飛距離がほしい時には迷わずワンテンLBO

ワンテンLBOは、LBOⅡ搭載で飛距離が抜群!

もうひと伸び、あと少し距離がほしい時に多用! 逆風で超飛びますよ! 特にオカッパリでの飛距離アップは、釣果アップに繋がると思います!!

 

 

メガバス公式ワンテンLBO詳細ページ https://www.megabass.co.jp/site/products/oneten_lbo/

 

 

アクションの使い分けでワンテンRも投入!

ワンテンRのアクションはナチュラルタイトなのが特長!

ジャークでのフラッシングは少し抑え、タフったり、プレッシャーの高い人気エリアではRもいいですよ。

メガバス公式ワンテンR詳細ページ https://www.megabass.co.jp/site/products/oneten_r/

1 / 3
次へ