ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

秋のバス釣りで外せない!巻きモノルアーおすすめ4選

秋のバス釣りオススメルアーをご紹介

皆様、こんにちは!中谷大智です。暑い夏が終わり、いよいよ秋が始まってきましたね!!
秋といえば!バスたちにとっても食欲の秋!荒食いシーズンといわれる季節です。
という訳で今回は秋のバスフィッシングにオススメのルアーをご紹介させて頂きたいと思います。

中谷大智のyoutubeチャンネル「中谷式」

中谷大智 instagram

中谷大智 twitter

中谷大智 Facebookページ

秋の荒食いシーズン=「巻き物」と言われる本当の訳

秋になれば巻きモノの釣りだ! とよく耳にされると思います。

ここでいう「巻きモノ」というのはその名の通り、巻いて泳がせてくるルアーのことで、ハードルアーのことでもあります。

 

では何故、秋は巻きモノ(ハードルアー)がイイと言われるのか…?

 

一般的には水温も徐々に下がってバスの適水温になり、活性が上がり始め巻き物ルアーでガンガン釣れるから巻き物がよい!といわれています。もちろんこの考え方は決して間違いではありません。

ただし!大事なことを頭に入れておかないと天国と地獄の差がうまれるので注意が必要です。その大事な事とは…。

 

水温が30℃以上あった季節から20℃台へ下がってくるとバス以外の魚種も快適となり、様々な場所、水深へと広く散らばり行動範囲が広がっていきます

バス以外の魚種というのはバスの餌、すなわちベイトフィッシュも当てはまります

 

実はこれこそが秋の「落とし穴」になることが多いんです。

 

ベイトフィッシュが散らばると当然バスも捕食したい餌を追い散らばります。

先ほどは天国と地獄という表現をさせて頂きましたが、「魚を見つけたら天国、見つけれなかったら地獄」という意味を込めていました。

魚たちの活性が上がる分、広く散らばって行くため絞りにくいという事態になります。

そういった状況下で出番なのが巻きモノルアーです! これこそが秋は巻き物と言われる本当のわけです。

 

なので、秋は活性が上がった魚は広く散らばって行くため、広く(飛距離、レンジ)早くサーチ出来るルアーがオススメになります。

 

それでは私の秋のオススメのルアー4種をご紹介させて頂きます。

 

中谷式!秋のオススメ巻きモノ おすすめルアー4選

Mo-DO Dゾーン3/4oz【エバーグリーン】

まず、一つ目はスピナーベイト。何故3/4ozを選んだかと言うと、幅広いレンジをカバーしたい為です。リトリーブスピードの使い分けやロッドを上げ下げする事により広いレンジをカバー出来るためチョイスしました。更にD-ZONEはビッグバスを引き寄せるパワーを兼ね備えているので一押しです

エバーグリーン公式D-ZONE詳細ページはこちら

 

 

Mo-DO ジャックハンマー1/2oz、3/4oz、1.2oz【エバーグリーン】

二つ目はチャターベイトのジャックハンマー。このジャックハンマーはチャターベイトとしては珍しいヘビーウエイト(3/4ozと1.2oz)があります。

考え方は一つ目のスピナーベイトと同じですが、もうひとつ効果的な所があり深いレンジを引っ張ってこれるチャターはジャックハンマーだけが成しえるというところです。

また様々な形をしたトレーラーを選ぶことにより早く引いたり、ゆっくり引いたりする事も可能ですのでぜひ様々なワームで試して下さい!ちなみに私はツインテールリンガーをトレーラーに多用しています。

エバーグリーン公式ジャックハンマー詳細ページはこちら
ジャックハンマーのウエイトバリエとウエイト別の基本レンジは以下の通り!

3/8oz:0.3~1m

1/2oz:1~2m

3/4oz:2~3.5m

1.2oz:3.5~6m

 

エバーグリーン公式ツインテールリンガー詳細ページはこちら

 

関連動画:ジャックハンマーでのオカッパリ実釣動画in日指ダム

出典:YouTubeチャンネル「中谷式

 

1 / 3
次へ