ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

2018年JBトップ50シリーズ第4戦in桧原湖-予選初日トップは4,910gで三原直之選手


出典&アイキャッチ出典:JB NBCニュース

日本のバストーナメントの最高峰シリーズ「JBトップ50シリーズ」の2018年シリーズ第4戦が福島県・桧原湖で9月7日~9日の日程で行われる。

年間争いを占う上で、絶対に外せないのがこの第4戦。第5戦を年間暫定上位のまま迎えるには重要な1戦なのだ。

ちなみに今年度トップ50シリーズの第3戦までを終えての暫定年間順位だが上位10名は以下の面々。

 

2018年トップ50簡易年間ポイントランキング

暫定順位 名前 総ポイント 総重量 トップとの差
1位 早野剛史 133p 31,869g 0p
2位 江口俊介 130p 29,655g 3p
3位 藤田京弥 127p 30,143g 6p
4位 黒田健史 127p 27,762g 6p
5位 小林明人 115p 25,589g 18p
6位 篠塚 亮 112p 26,830g 21p
7位 SHINGO 109p 26,180g 24p
8位 佐々一真 107p 24,959g 26p
9位 小森嗣彦 106p 25,104g 27p
10位 今江克隆 104p 23,079g 29p

出典:JB/NBC NEWS

 

 

第4戦予選初日の結果は?

さてそんな重要な第4戦の予選初日が9月7日に行われた。

気になる予選初日トップは三原直之で5尾4910g。2位は川口直人で5尾3760g。3位は小林知寛で5尾33388gという結果となった。

出典&アイキャッチ出典:JB/NBC Official siteツイッター

三原直之プロフィール

三原直之(みはら・なおゆき)。東条湖をホームに2015年からTOP50メンバーとして日々戦っている(2015年ジャパンスーパーバスクラシック優勝)。トーナメントの傍ら、東条湖観光スタッフ&ヒューマンフィッシングカレッジのトーナメントスキル講師としても活躍中

ブログ「三原直之の『エースを目指せ!』」
https://ameblo.jp/bass-thanks9/

ツイッター
https://twitter.com/naoyukimiha

インスタグラム
https://www.instagram.com/miharanaoyuki/

東条湖ビッグバイト
http://www.tojokobigbite.jp/

 

 

JBトップ50 第4戦 エバーグリーンCUP予選初日上位7傑

氏名 重量
1 T5016
ミハラナオユキ

三原直之

4,910g 5 50
2 T5050
カワグチナオト

川口直人

3,760g 5 49
3 T509
コバヤシトモヒロ

小林知寛

3,388g 5 48
4 T5027
ニシカワサトシ

西川慧

3,348g 5 47
5 T5046
アオキサトシ

青木哲

3,338g 5 46
6 T503
ヤマオカカズフミ

山岡計文

3,298g 5 45
7 T508
タケダハルキ

武田栄喜

3,238g 5 44

 

予選初日の全結果は以下のJB/NBC公式サイトのリンクからチェック!

https://www.jbnbc.jp/_JB2018/view_result.php?t_id=10040&page=day1

 

 

なお年間暫定トップ3の予選初日の順位は?

暫定年間1位の早野剛史は4尾2620gで20位

暫定年間2位の江口俊介が2尾1712gで34位

暫定年間3位の藤田京弥が4尾2182gで30位

といずれも苦しい初日となった

 

 

全体的な結果をみると、昨年同時期開催の史上まれにみるハイウエイト戦というほどではないが、ウエイイン率は97%、リミットメイク率は42.6%と、最近の天候の激変っぷりを考慮に入れればまずまず釣れている印象!

 

 

ただ桧原湖のスモールが大型化!が叫ばれることも考えると、最終的な順位は総ウエイトになるため、誰にでも優勝のチャンスがあるといえる状況!

予選2日目、決勝と目がはなせない展開だ!

 

 

参考記事 昨年同時期に桧原湖で行われ2017年トップ50第4戦のレポート記事2本もぜひチェック

1 / 2
次へ