ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

待望のSMOKY !! ポッキン・辻本ナツ雄プロデュース「ラミアス」&「バジルール」登場!

  • X
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2024

待望のSMOKY!ラミアス&バジルール

スミスから待望のSMOKY(スモーキー)シリーズとしてメバル専用ロッドが誕生した。

ラミアス」と「バジルール」と名付けられた数珠の2本。

スモーキー ラミアス

スモーキー バジルール

〝ポッキン〟辻本ナツ雄プロデュース

スモーキー。当然それをプロデュースするのは〝ポッキン〟こと辻本ナツ雄さんだ。否が応でも期待は高まるではないか…。

△映える赤はSMOKYロッドのアイデンティティー

辻本さんといえば、イチ早くSWゲームにベイトキャスティングロッドを取り入れた1人といえるのではないだろうか。オフト時代のスモーキー・マチルダ77ベイト。ベイトタックルでメバルを軸に狙うロッドというのは、当時先進的。その後スピニングロッドではアリッサ、そしてマチルダの系譜を受け継ぎさらにベイトタックルを極めるためのカミーユが発表されてきたわけだ。

△無事閉幕した「釣りフェスティバル2024」でも多くの方が手に取っていたラミアス&バジルール。「Pockin Special」の文字が刻まれる

実は、今回のNEWスモーキーロッドのプロデュースを依頼されるにあたり、マチルダの新たな後継機種も頭によぎったそうだ。
リアル現場主義の辻本さん、そんな中で様々な方向性からテストを行う中、ふとしたきっかけでとあるロッドとの出会いがあったという。それがツアラー。

バスロッドでグラスコンポジット。これでクランクベイトを使うと「すごく気持ちがよかったんです」と言う。

グラスコンポジットと40tカーボンと

結果的にスピニングロッドとなった2024年の新作スモーキーロッド「ラミアス」と「バジルール」は、ティップセクションをグラスコンポジットとしている。

△ティップセクションはグラスコンポジットとした(写真はラミアス)

ではどこか気持ちよかったのか?

「掛けるまでの操作性」だと辻本さんは言う。

特にリトリーブ中に竿先が暴れ過ぎない、けれどルアーの挙動、潮の抵抗は伝える、そしてバイトを弾かない。

そこから開発は進み、そのメリットを引き出しつつ感度と操作性、さらにパワーも十分なスピニングロッドとして、#1セクションをグラスコンポジットに、続く#2セクションを高弾性40tカーボンとした。

グラス・カーボンのメリット・デメリットを互いに補完しながら、完成に至った。

細部に宿るポッキンism

細部にもポッキンismは宿る。

まずは明らかに目につくのがグリップ(Fuji・VSSリールシート)周り。SMOKYの刻印がされたEVAはフラットサイド&ハンプバック形状。

リトリーブでは疲れない。ジャークやワインドなど動かす時にはホールド性が高い。面がある、という恩恵は思いのほか大きいのだという。とはいえまだまだ改良の余地はあります…と話していたのが辻本さんらしいが(笑)。

さらにはブランク塗装。軽さ・快適さ・強度をどのセクションに何が必要かを表現した。

△ちなみにガイドはFuji SiC-Sガイド採用。TOPからNo.7ガイドまでチタンフレームSiC-S、No.8~No.9ガイドはステンレスフレームSiC-S。

△2ピース仕様。強度に優れるオーバーフェルール方式採用

トップガイドから4番ガイドまでのセクションをサンディング・無塗装としている。無塗装としているのは軽さを求めて。そしてサンディングは、もしPEが巻きこんだりした場合に滑り、抜けるように意図したそうだ。

だから、そこからバットセクションはアンサンド&無塗装。こちらにはそもそも少しでもPEがブランクに貼り付かないようにと意図したもので軽量化にも寄与。

そしてバットセクションからはブランク保護の目的で艶のある赤で塗装。この赤の色合いも上品。モチーフにしたカラーがあるのだが、もし辻本さんにお会いした時に尋ねてみれば面白い話が聞けるだろう。

ちなみに、ごく繊細なロッドに見えるが内包されたパワーは十二分。辻本さんのコダワリで、500mlのペットボトルを抜き上げられる仕様としている。つまりこれは…尺メバルでもごぼう抜きしラインをキャッチできる。大事に、確実にメバルを取り込めるのだ。

そうしてこの度発売されたNEWロッド。「これまで気付かぬうちに失われていた感度が、まだこんなにあったのかと体感できるロッドになっているのではないでしょうか」という辻本さんの言葉が印象に残っている。

スペック

さて、ラミアスとバジルールについて簡単に説明しておきたい。

スモーキーラミアス75

スモーキーラミアス75については2.5g前後のプラグ各種、0.9~4.0g程度のジグヘッド&ワームで、リトリーブをメインとしたアプローチでその性能を発揮する。

ROD No. length weight lure line power action grip
length
pack
length
blank
material
tip dia price¥
SBG-S75 7’5″ 90g 1.2~15g PE:0.3~1.0号 Medium Light Ex. Fast 340mm 117cm(2ピース) #1:grass composite
#2:40t Graphite
1.7mm 46,000
+税
スモーキーバジルール75

一方のスモーキーバジルール75は3~14gのメタルバイブ&ジグ、1.5~10gのジグヘッドリグなどをジャーク&フォールやワインドに適する。つまりは動かして誘う場合に最大限ポテンシャルが引き出される。

ROD No. length weight lure line power action grip
length
pack
length
blank
material
tip dia price¥
SBG-S75 7’5″ 90g 1.2~15g PE:0.3~1.0号 Medium Light Ex. Fast 340mm 117cm(2ピース) #1:grass composite
#2:40t Graphite
1.7mm 46,000
+税

やや簡潔にはなるが、実際のところ手に取らないと感じられない部分もある。まず手にしてみてほしい。より詳細はスミス公式webサイトにも掲載されている。

もし失われた感度を求めるなら、ぜひぜひ足を運んでほしい。

スミス公式「SMOKYラミアス&バジルール」詳細ページはこちら

SMITH(スミス) プロフィール

1970年創業。日本のルアーフィッシング創成期からそのノウハウや楽しみ方を提案し続けている。バス、ナマズ、ライギョ、トラウト、ソルトと展開するジャンルも多岐に渡る。展開するタックルはスミスオリジナルのロッドやルアーに加え、プラドコやゲーリーヤマモトといった海外製品の輸入販売も行っている。